【男と女の相談室】りゅうちぇる「顔面ダニだらけ」 朝ドラ女優も引退覚悟した肌疾患

印刷

   タレントのりゅうちぇるさん(21)が、テレビ番組で衝撃の告白をした。「顔がダニの巣になった」というのだ。そのせいで肌荒れに悩まされたと嘆いた。

   どうやら「ニキビダニ」に襲われたとみられる。「顔が命」の芸能人にとっては大問題で、さらに深刻な症状に陥った女優もいる。

  • 「顔がダニの巣になった」(2016年10月撮影)
    「顔がダニの巣になった」(2016年10月撮影)

通常は皮膚への悪影響はないが...

   りゅうちぇるさんは2016年11月28日放送の日本テレビ系の情報・バラエティー番組「PON!」で、「顔ダニ」について明かした。「メークを落とすんだけど、そこがしっかり落とせてなかったらしくて」というのが原因とみられる。

   顔ダニは毛包虫、通称ニキビダニとして知られる。長野皮膚科・形成外科医院(熊本市)のウェブサイトによると、体長0.1~0.4ミリで、人の毛穴や皮脂腺に寄生している。成人のほぼ100%に見つかるというから、誰もが顔にダニがいることになる。通常は、皮膚への直接的な悪影響はない。ただ数が異常に増えるとニキビが悪化することがある。

   りゅうちぇるさんの場合は「笑い話」にしていたので、軽症だったのかもしれない。だが、悪化すると顔の炎症が目立ち、痛みを伴うこともあるようだ。深刻な皮膚炎に見舞われたのが、女優の古村比呂さん(51)だ。1987年にNHK朝の連続テレビ小説「チョッちゃん」でヒロインを務め、以後の多数の作品に出演し活動を続けている。2015年8月21日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系)に出演し、古村さんの苦闘ぶりが紹介された。

   2014年3月から顔に赤い発疹が出始め、放送時には両ほほが真っ赤になっていた。大きなマスクを付けないと隠せない。既に皮膚科に通院を続けていたが、一向に快方に向かわず途方に暮れていた。

   古村さんによると、最初に訪れた皮膚科医の診断は「花粉症皮膚炎」だった。皮膚に花粉がつくとアレルギー反応で炎症を起こすというもの。ステロイド軟こうを処方されて塗布を続けたが、全く治らない。それどころか日増しに悪化し、強い風が吹くと顔面に激痛を感じるようになった。化粧水を塗るだけでも痛み、メークもできず女優の仕事もままならない。このままでは引退......という考えも、頭をよぎったそうだ。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中