ホンダが新型「燃料電池車」を発表

印刷
ホンダ「FCXクラリティ」
ホンダ「FCXクラリティ」

   ホンダは、ロサンゼルスモーターショーで、新型燃料電池車「FCXクラリティ(Clarity)」を発表した。これまでのFCXに比べ、燃費性能を20パーセント、航続距離を30パーセントそれぞれ増加させ、クリーン性能を向上させている。

   また、最高出力を100kWに向上させたモーターをもちながら、従来FCXに比べパワープラント全体の大幅な軽量・コンパクト化も実現している。他にも、世界初の植物由来の新素材「Hondaバイオファブリック」をインテリア表皮に使用、冷暖房機能を備えた温度調節機構付きシートの装備などさまざまな新技術を採用している。

   米国では2008年夏より、個人客などを対象にリース販売を開始するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中