タッチセンサーで「簡単操作」スリムなビデオカメラ ビクター

印刷

   日本ビクターは2008年1月上旬、業界初の「タッチセンサー式操作ボタン」を搭載したデジタルビデオカメラ「エブリオ GZ-MG330」を発売した。液晶モニター横の操作ボタンに軽く触れるだけで、さまざまな操作を快適に行うことができる。

   新開発のスリムレンズを採用し、同社の従来機と比べ約20%の薄型化を実現。「携帯電話のように、いつでも気軽にスマートに持ち歩き、オシャレに使いこなすことができる」新しいスタイルのビデオカメラを目指した。

   記憶容量30ギガバイトのハードディスク型ビデオカメラで、CCDの総画素数は107万画素。本体カラーは、ルージュレッド、ロイヤルブルー、プレシャスシルバーの3色を用意し、ファッションやライフスタイルに合わせて好みのカラーを選べるようにした。価格はオープン。

日本ビクター「エブリオ GZ-MG330」
日本ビクター「エブリオ GZ-MG330」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中