コンビニが「レジ袋ご不要カード」設置運動 地球環境を守るために

印刷
レジ袋ご不要カードで温暖化防止
レジ袋ご不要カードで温暖化防止

   地球温暖化防止を目的に「レジ袋削減」キャンペーンに取り組んでいる日本フランチャイズチェーン協会は、レジ袋を必要としない顧客が店員に意思を伝えやすいよう、「レジ袋ご不要カード」を店内に設置するキャンペーンに取り組んでいる。2008年2月29日まで。レジ袋の使用をキャンペーン実行前に比べ5%削減したいという。

   キャンペーンに取り組んでいるのは、同協会に加盟するエーエム・ピーエム・ジャパン、サークルKサンクス、セブン-イレブン・ジャパンなどのコンビニエンスストアのうち、東京都杉並区、静岡県掛川市、名古屋市緑区などにある全309店舗。 レジ袋が必要かどうかを顧客に尋ねる従来からの「声かけ」運動も引き続き進める。同協会の試算では、これらの取り組みにより、2030年にレジ袋の使用を00年比35%削減するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中