トヨタ、目の開閉状態を検知する安全システムを開発

印刷

   トヨタ自動車は2008年1月22日、ドライバーの顔の向きに加えて、目の開閉状態を検知する「進化したドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステム」を開発した、と発表した。同社によると、このシステムの開発は世界で初めて。

   ドライバーが目を閉じていると判定され、衝突の可能性があると判断された場合、警報を発する仕組みだ。居眠り運転を防ぐアクティブ・セーフティ技術として注目される。

トヨタ自動車「進化したドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステム」
トヨタ自動車「進化したドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステム」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中