本格的なカメラスペック「Cyber-shotケータイ SO905iCS」 NTTドコモ

印刷
コンパクトデジカメのような外観の「Cyber-shotケータイ SO905iCS」
コンパクトデジカメのような外観の「Cyber-shotケータイ SO905iCS」

   NTTドコモは2008年2月15日、本格的なカメラスペックで写真を美しく撮れる携帯電話「Cyber-shotケータイ SO905iCS」(ソニー・エリクソン製)を発売した。ソニー製デジタルスチルカメラのブランドである「Cyber-shot」の名を冠した携帯電話が日本で発売されるのは初めて。

   約510万画素のCMOSカメラを搭載し、高輝度LEDフラッシュにより、夜間や暗い室内でもくっきりと撮影できる。また光学3倍ズームで遠くの風景もきれいに写すことができるほか、3センチの至近距離で撮影できる「スーパーマクロモード」を使うことで、花や料理のディテールまでくっきり撮れる。

   さらに、本家Cyber-shotでも好評の、笑顔に反応してカメラが自動的に撮影する機能や、人の顔をすばやく見つけ出してピントや明るさを自動調整する便利な機能も搭載している。

   ボディはカメラ面からみると、携帯電話というよりはコンパクトカメラのような外観。大きなシャッターキーに加えて、再生キーの採用などデジタルスチルカメラのような操作感を実現した。「カメラケータイ」と呼ぶのにふさわしいニュータイプの携帯電話だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中