「PIXUS」にSOHO向けなど新製品 キヤノン

印刷
キヤノンから「PIXUS」シリーズの新製品(画像は「MX850」)
キヤノンから「PIXUS」シリーズの新製品(画像は「MX850」)

   キヤノンは2008年3月6日、インクジェットプリンター「PIXUS」シリーズの新製品2機種を発売する。売り出すのは「PIXUS MX850」と「PIXUS iP2600」。

   「MX850」は、2007年10月に発売した家庭用プリンター「MP610」をベースに、原稿送り装置や有線LAN接続機能などを搭載した。プリントスピードや解像度などは「MP610」と同じ仕様。小規模オフィスへの販売を見込んでいる。

   「iP2600」は小ささを売りにしていた従来機種よりも、さらに高さを10mm低くするなど小型化した。エントリーモデルとして位置づける。

   市場想定価格は「MX850」が4万円前後、「iP2600」が8000円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中