「女子大生として遊べるのが幸せ」 ニューハーフ椿姫彩菜がサイン会

印刷
サイン会には約170人がつめかけた
サイン会には約170人がつめかけた

   ニューハーフモデルとして注目を集めている椿姫彩菜(つばき・あやな)さん(23)のサイン会が2008年6月21日、東京・銀座の書店で開かれた。初のエッセイ本「わたし、男子校出身です。」の出版を記念したイベントで、約170人が集まった。

   同書では、性同一性障害(GID)を抱えながら男子校に通学し、自らの「女性らしさ」に対するコンプレックスに苦しみながらも、後にタイで手術を受けるなどして困難を克服していく様子が描かれている。

椿姫さんは

「コンプレックスと戦いながら、それを個性にしながら頑張りたいと思いました。この本で、コ ンプレックスを持っている人に、少しでも勇気を出してもらえれば」

とアピール。好みの男性について聞かれると、今は特定の恋人はいないとしながらも、

「紳士的な方がいいです。私を大切にしてくれるから」

と明かした。近況については

「女の子として、女子大生として友達と遊べるのが幸せ」

と話し、女性としての生活を満喫している様子で、報道陣からも「普通にカワイイじゃん」との 声が漏れていた。

   本は08年6月10日にポプラ社から出版され、価格は1200円(税別)。発売から10日強で、すでに2万部が発行されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中