2021年 9月 27日 (月)

「リタイアしたけど大成功」 東海大ル・マン参戦記

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   世界的に有名な24時間レース「ル・マン」に、東海大学がチャレンジした。大学チームとして世界初の決勝参戦という快挙。「ル・マンを教室に」という言葉とともに挑んだ"夢のレース"で、彼らが得たものは何だったのだろうか。

「ル・マンはモータースポーツの原点」

サルト・サーキットを疾走する東海大チーム
サルト・サーキットを疾走する東海大チーム

   ル・マンは、フランスのル・マン市サルト・サーキットで行われる24時間耐久レース。ポルシェ、フェラーリ、ベントレーなどといった欧州の一流メーカーに加え、日本からも日産やトヨタ、マツダなどが参戦した経験を持つ。

   そのレースの重みについて、東海大チームを率いた同大総合科学技術研究所の林義正教授は次のように表現する。

「長い歴史をもつル・マンはモータースポーツの原点。それに参加することによってモータースポーツ文化の意義を理解する手助けになる」(2007年12月のJ-CASTモノウォッチインタビュー

   今回「東海大学ル・マンプロジェクト」が参戦した第76回大会決勝(2008年6月14日~15日)では、アウディが5連覇を果たした。日本からワークス・チームとしての参戦はなく、日本人ドライバーが何人か参戦したものの、下位の順位かリタイアに終わり、目立った成績を残せなかった。

   東海大チームは、08年5月中旬に現地入り。マシンセッティング、車検などの日程を消化した後、6月11日から始まった予選も無事にこなし決勝進出を決めた。ただし、予選成績はトップとのタイム差が約35秒の41位と、上位チームと力の差があるのは否めなかった。

   決勝レースでも、開始直後のピットイン時にタイムロスし、順位を大きく落とした。しかし、マシンのコンディションは高く、順調に周回を重ねていった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!