「目黒のさんま祭り」目黒区と品川区で開催

印刷
さんまの旬がやってきた
さんまの旬がやってきた

   東京都品川区の目黒駅近くの目黒通りと誕生八幡神社で、さんまを題材にした落語「目黒のさんま」にちなんだイベント「第13回目黒のさんま祭り」が2008年9月7日に開催される。

   当日は岩手県の宮古漁港直送の新鮮なさんま6000匹と、徳島県神山町産のすだち1万個や、栃木県黒磯市産の大根が用意され、炭で焼いたさんまと、生のさんまが無料でふるまわれる。また、「目黒のさんま寄席」と題された寄席も4部に分けて開かれ、落語家の2代目林家木久蔵さんらが出演する予定だ。寄席は各部とも定員120人で観覧無料。

   1週間後の08年9月14日には、東京都目黒区の田道広場公園でも、同様の「目黒のさんま祭」が開催される。こちらでは岩手県気仙沼産のさんま5000匹と大分県産のカボスなどが無料で提供される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中