2018年 7月 18日 (水)

軽くてコンパクトなブルーレイ搭載PC ソニー

印刷
軽量・コンパクト設計なので持ち運びに向く
軽量・コンパクト設計なので持ち運びに向く

   ソニーは2008年10月4日、11.1型液晶搭載のモバイルパソコン「Type T」の冬モデルを発売する。量販店向けの標準仕様2機種に加えて、法人向けモデルや、直販サイトでのカスタマイズモデルも展開する。

   上位機種にはブルーレイディスクドライブを搭載する。最も軽いモデルでは重さが1.25kgとなり、ブルーレイディスクドライブ搭載モデルとして、世界最軽量になるという。サイズもコンパクト(279mm×23.5mm×199.8mm)で、バッテリー使用時でも最長13時間使える。

   想定価格はブルーレイディスクドライブを備え、4GBメモリと160GBのハードディスクを搭載し、CPUに「Core 2 Duo SU9300」を採用した「VGN-TT70B」が30万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中