「オデッセイ」 モデルチェンジで4代目

印刷
ロードノイズや風切り音を低減させ静粛性も向上させた
ロードノイズや風切り音を低減させ静粛性も向上させた

   ホンダは、「オデッセイ」をフルモデルチェンジし、2008年10月17日から売り出した。

   今回のモデルチェンジで4代目となる「オデッセイ」は、7人乗りミニバン。搭載するエンジンは全グレード2.4リッターDOHC i-VTECエンジンとなり、最高出力は173ps。組み合わされるトランスミッションはCVTと5ATが用意される。

   エクステリアは先代のイメージを引き継ぎながらも、シャープさを増したデザインとなっている。インテリアは2列目シート下の構造の見直しにより3列目乗員の足元のスペースを拡大したほか、テールゲートの薄型化・形状の改良によって荷室も拡大、利便性を向上させている。

   ボディカラーは新色2色を含む全6色の設定で、価格は259万円~361万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中