処理速度が向上 新型CPU「Core i7」

印刷

   インテルは2008年11月18日、新型CPU「Core i7」を発表した。08年12月上旬には店頭に「Core i7」を搭載したパソコンが並ぶ見込みだ。

   開発時に、「Nehalem」というコードネームで知られていた次世代CPUシリーズの最初の商品となる。まずはデスクトップパソコン用を販売し、将来的にはノートパソコンやサーバー用も製品化する。

   「Core i7」はCPU内で実際の処理を行うコアを4基搭載しており、同時に複数の作業を並列処理できる。また、データの処理量に応じて各コアの処理速度を調整する機能や、消費電力を抑える機能も備える。3Dゲームの場合だと、従来の「Core 2 Extreme」と比べて処理速度が4割以上向上するという。

   価格は動作周波数が2.66GHzの「Core i7-920」が2万9170円、2.93 GHzの「-940」が5万7720円、3.20 GHzの「-960」が10万2590円(いずれも1000個受注時の1個あたりの価格)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中