2018年 7月 17日 (火)

白と赤のコントラストが映える アルファ・ロメオ特別仕様車

印刷
赤いブレーキキャリパーが白いボディにアクセントを与える
赤いブレーキキャリパーが白いボディにアクセントを与える

   フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、「アルファ ロメオ」の4モデルに特別仕様車「ホワイトエディション」を用意し、2008年11月22日から売り出す。

   ホワイトのボディカラーに、レッドのインテリアを組み合わせたもので、さらにラジアルスポークデザインのアロイホイールや、レッド仕上げのブレーキキャリパーが与えられる。

   今回販売される車種と価格、販売される台数は以下の通り。

   「アルファ ロメオ147 2.0 ツインスパーク セレスピード ホワイトエディション」350万円(限定100台)。

   「アルファ ロメオGT 2.0 JTS セレスピード ホワイトエディション」400万円(限定30台)。

   「アルファ ロメオ スパイダー 2.2 JTS セレスピード ホワイトエディション」530万円 (限定10台)。

   「アルファ ロメオ ブレラ 3.2 JTS Q4 Q-トロニック ホワイトエディション」610万円 (限定20台)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中