叶美香絶賛!「初代DHCシンデレラグランプリ」は東京都の南場さんに

印刷
「初代DHCシンデレラグランプリ」に輝いた南場さん。右は叶美香さん
「初代DHCシンデレラグランプリ」に輝いた南場さん。右は叶美香さん

   2008年12月23日、東京・港区の東京ミッドタウンでDHCが主催する「DHCシンデレラアワード2009」が行われ、1万3322人の応募者の中からファイナリスト17人に選ばれていた東京都の南場映里さん(19=タレント)が見事、「初代DHCシンデレラグランプリ」に輝いた。

   南場さんには賞金100万円が与えられ、09年1月より2年間DHCの専属モデルとして活躍することになる。特別審査員として参加した、タレントで元ミス日本グランドグランプリの叶美香さんは、

「彼女が一番輝いていて、すごくフレッシュでした。これからもっともっと輝いて進化していただきたいと思います」

と南場さんに力強いエールを送った。

   今回のイベントは、DHCのイメージキャラクター募集であるとともに、「一日一日を前向きに生きている女性たち」を応援するという側面もあった。最終公開審査会のこの日は、自己PRに加え、水着とドレスの審査が行われたが、栄冠を勝ち取った南場さんは外見の美しさだけでなく、予選(オーディション)、本選を通じてアピールした明るさ、積極性も高い評価を得たようだ。

   結果発表までの間には「おねえ系」ヘアメークアーティストの小椋ケンイチさんが楽しいトークを交えながらメーク実演ショーを開催、場内は大いに盛り上がった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中