「ものづくり日本大賞」募集開始

印刷
第2回内閣総理大臣賞授賞式のもよう
第2回内閣総理大臣賞授賞式のもよう

   経済産業省は2009年1月5日、「第3回ものづくり日本大賞」の応募者募集を開始する。締め切りは同年3月6日必着。

   「ものづくり日本大賞」は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に貢献した個人、チームを表彰する表彰制度で、05年8月の創設以来、2年に1度開催している。産業や文化活動の中核を担う中堅層、伝統の技を支える熟練者、そして、将来を担う若手の中から選出されるものだ。

   表彰部門は5つ設けられており、「製造・生産プロセス部門」「製品・技術開発部門」「伝統技術の応用部門」「海外展開部門」は個人またはグループを、「青少年支援部門」は企業、もしくはNPO法人格を有する団体(学校をのぞく)を対象としている。

   受賞者には、内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞が授与され、あわせて、賞状と「ものづくり名人」の称号、それに副賞としてメダル、徽章、楯が用意されている。

   応募は、応募専用のホームページから所定の用紙をダウンロードして必要事項を記入後、「ものづくり日本大賞」の事務局に提出。受賞者は第一次審査、第二次審査を経て決まるが、応募については、候補者を推薦する人が2人の賛同者を得て申請する必要がある。なお、候補者本人による申請はできない。

詳細は以下のURLより
http://www.monodzukuri.meti.go.jp/

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中