2018年 7月 17日 (火)

花見だ! 東京駅構内に桜2300本

印刷
仕事帰りに駅でお花見。オッシャレ~
仕事帰りに駅でお花見。オッシャレ~

   鉄道会館が運営する、東京駅構内の施設「黒塀横丁」では2009年1月28日~2月8日まで、桜の木約2300本を内部に飾りつける「黒塀横丁フェア」を開催している。

   目を楽しませてくれるのは山形県村山市から直送された啓翁桜(けいおうざくら)。支那桜桃と彼岸桜がミックスされた品種で、何本もの細い枝に花が宿る。桜はイベント開始日から約1週間にわたって徐々に満開になるそうだ。

   期間中の2月4日~7日には、庄内米、野菜、果物などを集めた山形県の物産展も企画されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中