花見だ! 東京駅構内に桜2300本

印刷
仕事帰りに駅でお花見。オッシャレ~
仕事帰りに駅でお花見。オッシャレ~

   鉄道会館が運営する、東京駅構内の施設「黒塀横丁」では2009年1月28日~2月8日まで、桜の木約2300本を内部に飾りつける「黒塀横丁フェア」を開催している。

   目を楽しませてくれるのは山形県村山市から直送された啓翁桜(けいおうざくら)。支那桜桃と彼岸桜がミックスされた品種で、何本もの細い枝に花が宿る。桜はイベント開始日から約1週間にわたって徐々に満開になるそうだ。

   期間中の2月4日~7日には、庄内米、野菜、果物などを集めた山形県の物産展も企画されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中