2018年 5月 26日 (土)

最高速329km/hの「ベントレー」

印刷
「コンチネンタル GT」の価格は2000万円超 果してこれはいくらになるのか?
「コンチネンタル GT」の価格は2000万円超 果してこれはいくらになるのか?

   ベントレーモーターズは、「コンチネンタル スーパースポーツ」を、2009年2月26日に発表した。

   同社が「ベントレー史上、最も速く、最もパワフル」と語る、「コンチネンタル GT」の高性能モデルとなる2ドアクーペ。全長×全幅×全高が4804×2194×1380(単位はmm)、車重2240kgという立派な体躯を最高速329km/hまで引っ張るのは、最高出力630psの6リッターW12気筒ターボエンジン。フロント:リアに40:60の割合で駆動力を分割する全輪駆動の足元を、20インチアロイホイールと、標準装備のカーボン・セラミックブレーキが引き締める。

   外装は出力を増したエンジンを冷却するため、大きなエアインテークが与えられ、リアフェンダーは「GT」に比べ50mm拡大、迫力あるものとなっている。リアシートがなくなった内装は、カーボンファイバーやアルカンターラを用いて仕立てられるなどスポーティ感を高める仕上がりとなっている。

   価格や発売時期の詳細などは公表されていないが、2009年秋を予定しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中