2018年 5月 28日 (月)

ドラッグタイプをイメージさせるオートバイ

印刷
前方に大きく口を開けたエアインテークが印象的
前方に大きく口を開けたエアインテークが印象的

   ヤマハ発動機は、オートバイ「VMAX」を2009年4月20日から売り出す。

   1985年に欧米向けに開発され、日本でも一時期販売されていた先代モデルが、2008年に四半世紀ぶりにフルモデルチェンジされた。その欧米向けの新「VMAX」をこのほど、日本の規制に合わせ、日本仕様として販売する。

   最高出力151psの1679立方センチメートル水冷V4エンジンをアルミ製フレームに搭載。吸気ファンネル部は回転数に応じて長さが変わる「ヤマハ電子制御インテーク」が用いられた。

   外観はドラッグタイプをイメージさせるデザインで、エアインテークには手作業による仕上げが用いられるなど、高品質なものとなっている。

   価格は231万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中