南加にもやっと流行が  人気自転車「フィクシー」

印刷

   今朝(27日)のLos Angeles Timesにカリフォルニアのいくつかのカウンティー(郡)が予算削減に伴い、不法移民への医療予算カットを決定したとありました。例えば州都サクラメントのあるサクラメント・カウンティーの場合、カウンティー経営の診療所は.4ミリオンの経費削減となる見通し。値上がりする一方の高額な医療費を払っているものとしては、税金がこんなところに使われるのに納得がいかない。税金といえば今月15日が個人の納税締め切り日だったのですが、ダイエット費も控除の対象とあり、これにも驚くばかりでした。

   医療費が高額になる理由に肥満もあるそうですが、「それならば積極的に運動すればいいのに」と思うし、また子どもの肥満に対しても「学校まで歩いていかないからだ!」などと思ってしまうのです。

   そうはいってもここは車社会。そして子どもの安全を考えると通学時の親の送迎は必須。以前息子が熱を出したと小学校から連絡があった友人は、学校が自宅の前だったために「息子だけ帰してください」というと、「それはできません。迎えにこなければ救急車を呼びます」といわれたそう。

   隣町のアーバイン市などは、「全米で安全な都市」の上位にランクインしているせいもあり、子どもたちは徒歩で、あるいは自転車で通学することができるのです。そこで自転車通学の子どもたちに最近人気なのがフィクシー(Fixie)とよばれる自転車。

正式名は「Fixed Gear Bike」

足が簡単に外れないようペダルに工夫が
足が簡単に外れないようペダルに工夫が

   もともとニューヨークで自転車メッセンジャーが愛用していたもので、都会ではすでに人気が浸透していたようですが、なんせ車社会のアメリカですから、自転車の流行なんてそうそうお目にかかれません。我が家からほど近いビーチ沿いの道路は週末ともなるとサイクリングをしている人がけっこういるのですが、見かける自転車の多くはクルーザーとよばれる、ママチャリのようなものです。

   そのため、アーバイン市にある友人の家に遊びに行った際に数多くのフィクシーを見かけたときは、「おおっ、かっこいい!」と、大興奮。その息子さんがちょうどフィクシーを買おうとしていたこともあり、友人に根ほり葉ほり質問してしまいました。

   フィクシーという呼び方は固定ギアの意味をもつfixed gearを縮めたもの。正式名はFixed Gear Bike。日本ではピストバイクと呼ばれているようです。

   フィクシーは後輪とペダルの動きがつながっているために、ペダルを踏まなければ後輪は回らない。普通坂道などを下るときはペダルを踏まなくとも、勢いで走って下れますが、フィクシーではそれができないのです。

   また基本的には、ブレーキがついてなく、止まるときはペダルを踏む足の力をうまく調整しなければならない。友人の息子さんのフィクシーにはブレーキがついていますが、それは「邪道」らしく(笑)、彼もあまり使っていないようです。

   後ろ漕ぎ自転車が登場したときは衝撃でしたが、フィクシーもペダルを逆に漕ぐと自転車がバックします。

自転車通学の中学生の半数が使用

男の子たちが乗って説明してくれました
男の子たちが乗って説明してくれました

   フィクシーならではの機能を使って、自転車を上手に操る子どもたち。それはそれは楽しそうです。息子さんの友人によるとミドル・スクール(中学校)に自転車で通学してくる人の半分はこれに乗っているとのこと。気になるお値段はというと、ブランドにこだわりがなければ新品で300ドルぐらいから買えるそうです。また、子供用やレディース用もあるとのことでした。

   それはそうと、ブレーキがない自転車に公道で乗っていいのかという問題もありますよね。

   市やカウンティーによって法律は様々ですが、基本は公道で乗ってはダメ。それでも子どもたちやフィクシー好きの大人たちは乗っているようですが、ここまで浸透してくると、法律で規制されそうです。

   ガスあるいは電気モーター付きスクーターも一時は大人気でよく見かけましたが、歩行者や自転車専用の道路を走ったり、公道をスピード出して走ったりする人が増えたために禁止されてしまいました。

   ガスだとスピードが出て危ない上に、音がうるさかったのですが、電気モーターのほうは、スピードこそ出なくても音が静かで快適。ただ、やはり物足りなさは残るため、次第にその姿を見なくなりました。

   やっとやってきたフィクシー人気。クリスマス商戦まで続くのか? そしてこの不景気の中、クリスマスの目玉となるのか? 今から興味津々です。

野村香奈

【プロフィル】
野村 香奈(のむら かな)
1970年鹿児島生まれ。上智大学卒業。「AERA」「週刊朝日」で主にエンターテインメントの編集を担当した後、2000年8月に結婚により渡米。ロサンゼルスの日系無料情報誌でライターも経験。趣味はドライブ、おいしいものを食べること、情報収集、そして、MLB(メジャーリーグ)観戦。LA TimesとPeopleを愛読。現在、ロサンゼルス近郊のニューポートビーチ市(Newport Beach)在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中