先進医療に注目 いまどきの保険商品選び

印刷
先進医療について語るファイナンシャルプランナーの松浦建二さん
先進医療について語るファイナンシャルプランナーの松浦建二さん

   保険商品が多様化するなかで、「どんな商品がいいのか」迷ってしまう人は少なくない。いわゆる掛け捨てタイプや貯蓄性の高い商品、死亡保険に、入院・手術を保障する「医療保険」と、保険商品もバラエティーに富んでいる。どのあたりに選ぶポイントがあるのだろうか。

   いざという時の保険だが、月々に支払う保険料をできるだけ抑えながら、十分な保障が得られるタイプを選びたい。なかでもガン治療などは、治療や入院が長期化することで収入が途絶え、また治療や入院費用がかさむなど、お金の心配は深刻だ。

「家族にお金の心配をさせたくない」

   その一方で、日進月歩の医療技術によって治療方法も進化。最近注目されているのが「先進医療」だ。たとえば、ガン治療。先進医療にかかれば、いまやガンも切らずに治せる時代になりつつある。

   しかし、ガンの「先進医療」を受けるにはおよそ300万円もの自己負担が必要な場合がある。陽子線治療や重粒子線治療といった「先進医療」が、公的医療保険の対象外になっているためだ。

   体力のない女性や高齢者など、「ガンを切らずに治したい」人は少なくないだろうが、これではお金のことが心配で受診をあきらめてしまうだろう。

   ファイナンシャルプランナーの松浦建二さんは「先進医療への認知度が上がっていることや、先進医療を受けられる病院も増えていることから、受診へのニーズは増えています。その半面、事前に金銭の備えがある人は少ないでしょう。最近はそういった人のための保険が人気です」と話す。

「先進医療」をカバーする保険が人気

   松浦さんが指摘するのは、「先進医療」への保障だ。先進医療の自己負担分(通常の治療と共通する診察や検査、投薬、入院料など以外)をカバーする特約で、「少額で保障が利くこともあって、関心が高まっています」という。

   たとえば、アリコジャパンの「やさしくそなえる医療保険」やオリックス生命保険の「CURE」、アメリカンファミリー生命保険の「もっと頼れる医療保険 新EVER」などがそれだ。

   アリコの例では、通常の入院・手術保障の保険料にプラス月々107円で先進医療がカバーでき、プランによってはガン一時金も支払われる。また、「ドクター・ダイヤル」サービスは、セカンドオピニオンや専門医を紹介してくれるほか、加入者や家族の健康に関する電話相談に24時間無料で応えてくれる。

   ベビーシッターや家事代行といった入院中の家族の生活を支援する「入院サポートサービス」は、「家族の負担を減らしたい」というニーズをきめ細かに汲んだものだ。

   松浦さんも、「セカンドオピニオンをはじめとするサービスも充実しており、万一のときに頼りになる」と話す。

   「先進医療特約」が付いた保険商品は続々登場しており、こうした付帯サービスも商品選びの判断のひとつになるかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中