日本人女性の「調理力」年々低下 特にアラフォーの食生活がピンチ!

印刷

   メタボ予防・改善といった健康の決め手として「調理力を上げよう」と提案し、実践していく「調理力で健康!プロジェクト」では、日本人の食生活と健康の関係に着目し、20~20代の女性1410人を対象に、調理力と健康管理力に関する調査を実施した。

   その結果わかったこととしては、まず、日本人の調理力が低下していて、夕食で手作りする品数が20代では3割、40代の5人に1人は2品以下になっているというもの。50代が8.6%、60代3.4%と極めて低い数値であることからみても、40代を境に若い世代の女性たちの中で、手作りするメニューの数が目立って減っていることは明らかだ。

   また、アラフォー世代に関係するデータとしては、(1)夕食における手作りメニューランキングで40代がなかなかつくらないTOP3が、1位「切り干し大根」 2位「野菜の炊き合わせ」 3位「酢の物」。(2)健康状態と密接な関係にある調理力において、40代と50代の夕食の手作りメニューTOP10をみると、「40歳代は肉料理中心」で50歳代は「総菜系重視」。(3)40歳代健康者の健康管理能力は、50歳代生活習慣病患者よりも低い、といった点がある。

   なお、11月18日に「調理力で健康!プロジェクト」のスペシャルサイト(http://chouriryoku.jp)がオープン。日本人の調理力と健康管理力に関する調査結果や、調理力をクイズ形式で確認する「調理力検定」、相性のいい旬の食材を使ったレシピを毎日紹介する「相性献立カレンダー」など、調理力アップのためのコンテンツが満載だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中