2018年 7月 16日 (月)

安全設計の電気ケトル 使いやすさも強調

印刷
カップ1杯から手軽にお湯を沸かせる
カップ1杯から手軽にお湯を沸かせる

   象印マホービンは、「転倒湯もれ防止」「熱くなりにくい本体設計」「空だき防止」の3つの安全設計を搭載した、0.8リットルのコンパクトサイズの電気ケトルをモデルチェンジした。目盛りを見やすく、色柄も一新、さらに使いやすくして2009年12月1日に発売する。

   新たな「CK-GB08型」は、カップ1杯(140ミリリットル)の必要な分だけを手軽に沸かせて、倒れても湯もれを抑える構造。沸とうすれば通電を自動的にオフにする「空だき防止」、汚れがつきにくい「全面ステンレス内容器」と内ぶたは、におい移りを抑え、丈夫で耐久性もある。「広口12センチ」なので手が入れやすく、手入れも簡単。ボタンを押す力の加減で給湯量を調節できる「湯量調節」と、ボタンを離すと自動でロックがかかる「自動給湯ロック」機能を搭載した。「目盛り」は、お湯の量が見やすい100ミリリットルきざみ。

   ホワイトグレー、グリーン、ピンクの3色。希望小売価格は1万1550円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中