グッドデザイン賞受賞、「日本の美」追求した陶器

印刷
高級感ただようデザイン
高級感ただようデザイン

   鳴海製陶は、2011年春夏向け新商品として、日本の美を象徴する色とモチーフを追求した新ライン「フィオレリア」を、11年2月中旬に発売する。

   高級磁器ボーンチャイナのあたたかみのある乳白色の磁肌に、日本の伝統的な染付けの色である「ジャパンブルー」で花柄を表現した。洋食器に「和のこころ」を融合させたデザインが高く評価され、2010年度グッドデザイン賞を受賞している。

   青を基調とした「フィオレリアブルー」と白を基調とした「フィオレリアホワイト」の2タイプで、プレート3種(24cm、19cm、16cm)、ボール(14cm)、コーヒー碗皿、マグなどをラインナップ。価格は2520円~。

   ペアマグ(7350円)、ペアモーニングセット(1万500円)などを揃えたギフト向けの「フィオレリアパール」は、パールのようなきらめきが特長。

   全国販売に先駆け、2011年1月下旬から東京・銀座にある同社のコンセプトショップ「DIECI GINZA(ディエチ・ギンザ)」で先行販売が行われる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中