2018年 7月 19日 (木)

今夏はやっぱりクールビズ? 「ビズポロOK」という声も

印刷
クールビズ、どこまで許せる?
クールビズ、どこまで許せる?

   はるやま商事は2011年5月11日、ビジネスマン1030人を対象に「クールビズに関するアンケート」を実施した。気象庁が3か月予報で「暑い夏」を予想していることや、節電対策に関心が高いことから、今夏のクールビズ推進に「賛成」という人は90.2%と多数にのぼっている。

   さらにクールビズの「実践」についても、88.6%が「行う」とのこと。その理由については、「電力不足が問題になっているから」(68.8%)、「地球温暖化の影響で、服装の見直しが必要だから」(56.4%)との回答が多くを占めている。

   では、どのような格好までが「クールビズ」として許されるのか。「自分が着用して出勤できる」服装としては、「ネクタイ・ジャケットなし」までが許せるという人が66.2%。それに対し「委託先の人が訪問してくる格好」としては、「ネクタイ・ジャケットなし」まで許せるという声は58.9%に留まったものの、10.3%の人は、一層のクールビズともいえる「ビズポロ(ビジネスポロシャツ)」まで許せるとしている。「少しでも節電に協力したい」(30代男性)、「今夏を契機に、クールビズを大いに推進する必要があると思う」(60代男性)といった声も上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中