スプーンで食べる新しい「おむすび」とは?

印刷
写真は、「スプーンで食べる寿司 鮭いくら」
写真は、「スプーンで食べる寿司 鮭いくら」

   ファミリーマートは、「スプーンで食べるおむすび」(220円)と「スプーンで食べる寿司(すし)」(250円)を2011年5月17日から首都圏限定で発売している。

   円形のご飯の上にたっぷりの具材をトッピングしたもので、具材を楽しめるようスプーンで食べる新しいスタイルを取り入れた。

   おむすびは、牛肉煮に万能ねぎと卵黄風のソースをトッピングした「ねぎ玉牛めし」と、ケチャップライスのうえにポテトサラダとスライスチーズ、海老をのせた「海老入りピザ風」、高菜ご飯にチキン南蛮をトッピングした「チキン南蛮&高菜めし」の3種類。

   お寿司は、スモークサーモンと相性のいいゴーダチーズをあわせた「スモークサーモンチーズ」、紅しゃけとしょう油で味付けしたいくらをのせた「鮭いくら」の2種類がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中