知らなきゃソン、こんな法人保険が「会社の危機」を救う

印刷
『オーナー社長の戦略的生命保険活用術』
『オーナー社長の戦略的生命保険活用術』

   幻冬舎は、新刊本『オーナー社長の戦略的生命保険活用術』(著・亀甲美智博)を2011年8月9日に発売した。

   会社の危機を救うのは国でも銀行でもない!税制の恩典・レバリッジ効果のある法人保険が財務リスクを救うという主張のもと、「相続で自社株の承継をスムーズに」「葬儀代と一生分の医療保険をタダで手に入れる」「200万円の負担で1億円の納税資金を手に入れる」など、税制や法律、会計、経営の知識を絡めた戦略的な保険プランを紹介している。

   著者の亀甲氏は現在、トータス・ウィンズ代表取締役を務めるとともに、上級ファイナンシャルプランナー、1級ファイナンシャル・プランニング技能士としても活躍する。

   単行本、176ページ、定価1365円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中