2018年 7月 23日 (月)

「2011GAME OF THE YEAR」を受賞 英単語の正答数を競う「ボグルフラッシュ」

印刷

   タカラトミーは、液晶画面にアルファベットが表示されたブロックを組み合わせて、作った英単語の正解数を競うデジタルワードゲーム「ボグルフラッシュ」を2011年11月中旬に発売する。

収録単語数は6828語

(C)2011 Hasbro.All Rights Reserved (C)TOMY
(C)2011 Hasbro.All Rights Reserved (C)TOMY

   「ボグルフラッシュ」は、2010年9月に米ハスブロ社から発売され、米最大級の玩具ショー「TOY OF THE YEAR」内で「2011GAME OF THE YEAR」を受賞した注目のゲーム。

   液晶画面がついた5つのブロックには、アルファベットがランダムに表示される。このアルファベットを制限時間内に組み合わせて単語をつくり、その正解数を競って遊ぶようになっている。また、ブロックを一列につなげると瞬時に単語を認識し、正解ならば光と音で教えてくれる。制限時間後には、プレイヤーの正答数や、表示されたアルファベットからできる最大の組み合わせ数を知ることもできる。

   ゲームの種類は、3~5文字の英単語をできるだけ多く作る「ボグル」や、複数で遊び、単語を作れなかった人から脱落していく「ボグルパス」など3種類。収録単語数は6828語あり、英語が苦手な人から得意な人まで楽しく英語に触れることができるゲームだ。

社会情景にも合った玩具

   また、2011年からは、公立小学校の5、6年生で外国語活動として英語が必修となり、「外国語を用いてコミュニケーションを図る楽しさ」、「大切さ」などが重視されている。そのため、英単語のトレーニングや英語コミュニケーション能力を育むツールとしていかがだろうか。

   価格は4515円、対象年齢は8歳以上だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中