2018年 7月 22日 (日)

ココアにショウガと同程度の冷え性抑制効果

印刷

   森永製菓は、「ココア」に「ショウガ」と同程度の冷え性抑制効果があることを解明した。

11人の冷え性女性を対象に検証

手の甲表面温度の変化まとめ
手の甲表面温度の変化まとめ

   森永製菓は1998年からココアの機能性について研究を重ねており、ココアがコーヒーや緑茶といった他の嗜好飲料に比べて最も冷え性を抑制する効果が高いことを解明してきた。

   そして今回、これまでの研究に基づいて、冷え性を抑制する食品として代表的な「ショウガ」と「ココア」を比較し、11人の冷え性と判断された健常な女性を対象とし、これらの食品の冷え性を抑制する効果を検証した。

ココアはゆっくりと長く冷えを抑制

   その結果、室温23~24度において、飲用後、手の甲表面温度(体末梢部)では「ココア」と「ショウガ」はその冷え性抑制効果の表れ方に違いはあるものの、同じように冷え性を抑制する食品であることが分かった。また、首・額・頬では、それぞれ温度上昇に大きな差はなく、両者同等程度の効果があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中