「感動」はこうして生まれた!「三丁目の夕日」プロデューサー・阿部秀司氏、J-CAST番組に緊急出演

印刷

   現在公開中の映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」のエグゼクティブプロデューサーで、邦画界きってのヒットメーカー・阿部秀司さんが2012年2月3日、USTREAMニコニコ生放送で配信される動画番組「J-CAST THE FRIDAY」(https://www.j-cast.com/trend/friday/main.html)に出演する。

「RAILWAYS」「ジュブナイル」「ヤマト」…

『じゃ、やってみれば 
『じゃ、やってみれば "感動という商品"を創り続ける男の言葉36』

   「ALWAYS 三丁目の夕日」「RAILWAYS」「Love Letter」「リターナー」「つみきのいえ」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」……「阿部秀司」の名前は知らなくとも、今挙げたタイトルを1つも知らない、という人はいまい。阿部さんはこれら多数のヒット作を手がけた映画プロデューサーだ。

   1月19日には著書『じゃ、やってみれば "感動という商品"を創り続ける男の言葉36』(日本実業出版社、325ページ、定価1575円)も上梓し、その中では「思い立ったら、即行動」「マーケットがないなら、そこに自分でマーケットを創ればいいじゃないか」といった、「阿部式生き方」が明快な言葉で語られている。

   3日の番組では、阿部さんがヒット作を生み出し続けてきた秘密、そしてその裏側にはどんな苦闘があったのかを聞く。昼12時半から、アーカイブあり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中