2018年 7月 23日 (月)

黄金文化を築いた「藤原氏の謎」 ユネスコ世界遺産「平泉」の歴史をさぐる

印刷
『ユネスコ世界遺産 平泉と奥州藤原四代のひみつ』
『ユネスコ世界遺産 平泉と奥州藤原四代のひみつ』

   新人物往来社 から発売中の『ユネスコ世界遺産 平泉と奥州藤原四代のひみつ』(編・歴史読本編集部)が好評だ。

   「藤原氏」は、平安時代の後期に奥州を押さえ、富と栄華をもたらした。その代表的な建造物が天台宗の東北大本山、岩手県・平泉町にある中尊寺(2011年6月に世界文化遺産登録)だ。そんな「平泉」も、後に源頼朝によって滅びることになったが、本書では「藤原氏四代」の興亡と平泉の歴史を分かりやすく紹介している。

   黄金の文化を築いた「藤原氏の謎」とはいったい…?

   カラーグラビア世界遺産一挙紹介、史跡ガイドつき。単行本(ソフトカバー)、190ページ。定価1680円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中