花咲線に「ルパン三世ラッピング列車」走る

印刷

   国民的漫画「ルパン三世」のラッピング列車が2012年4月1日、花咲線(根室本線、釧路~根室間)での運転を開始した。同線の通る浜中町(北海道・厚岸)が、「ルパン三世」の原作者モンキー・パンチさんの出身地であることから実現したもの。列車にはルパン三世のほか、峯不二子、次元大介、石川五右衛門、銭形警部といったおなじみのキャラクターが大きく描かれている。

   同町の茶内駅で行われた出発式にはモンキー・パンチさんも出席し、自身のキャラクターになぞらえて「浜中の自然や食材を皆に満喫してほしい。だから、ここでは何も盗みません」などとコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中