祈りの言葉は「ラーメン」…変てこ神様「空飛ぶスパゲッティ・モンスター」の福音書

印刷
『反進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書』(ボビー・ヘンダーソン著、片岡夏実訳)
『反進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書』(ボビー・ヘンダーソン著、片岡夏実訳)
築地書館

   祈りの言葉は「ラーメン」、天国にはストリッパー工場とビール火山、そして創造主は「スパゲッティ」――そんな珍妙な教義を掲げる宗教「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」をあなたはご存じだろうか。アメリカで2005年に創始されたもので、「世界はなんらかの知性(要するに神)によって創造された」という主張をパロディー化した冗談宗教だ。

   教団のサイト(http://www.venganza.org/materials/)では、教団に反発する人々からの「ヘイト・メール」をあえて公開するといった挑発的な行動だけではなく、貧しい人々への少額の募金をしつこく呼びかけるなど、意外と地道な活動にも聖を出している。途上国へのマイクロクレジット(少額ローン)のための募金は、なんと100万ドルまで達しているという。

   「教祖」ボビー・ヘンダーソンによる『反進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書』は、日本では2006年に刊行されている。この「福音書」は現在も版を重ねており、信奉者は徐々に広がっているようだ――とは出版元の言。八百万のパンテオンに、スパゲッティ・モンスターが仲間入りする日も近いのかも知れない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中