北京の大気は「不透明な白」 飛行機も欠航や遅延続出

印刷

   なんでも「排気ガスを毎日直接吸っているようなもの」なのだそうだ。喫煙者の話ではなく、北京の大気のことである。ふつう朝起きると、天気を気にするものだろうが、北京に住むと雨よりも雪よりもまず気になるのは「空気」。窓の外をみて空気の色をみる。基本的に北京の空気は白い。透明ではなく、不透明な白だ。簡単な方法では、どのくらい先のビルが見えるかどうかで判断するが、臭いで判断するという野生動物的方法もある。

米国大使館サイトの情報が信頼を集める

同じ位置から見た、汚染の低い日(上)と汚染の高い日(下)の中国国際貿易センター第三期(略称、国貿三期)ビルの見え方。国貿三期は、北京市内で最も高い超高層ビル。
同じ位置から見た、汚染の低い日(上)と汚染の高い日(下)の中国国際貿易センター第三期(略称、国貿三期)ビルの見え方。国貿三期は、北京市内で最も高い超高層ビル。

   昨年後半から、北京での大気汚染の深刻化が市民の間でもネット上などでことに取りざたされるようになってきた。北京オリンピック以来、自家用車はナンバープレートの末尾により週1回、北京市内を運転できないのだが、そういう規制もあまり大気改善に役立っていないようだ。汚染がひどいと昼間でもヘッドライトをつけないと運転もできないし、目印になるすぐ先のビルが見えないので、道も間違えやすい。飛行機の発着もできずキャンセルや遅延が続出する。

   北京のネチズンnetizen(ネットワーク市民)が近年信頼を寄せているのは、在中国米国大使館がTwitterで発信する「Beijing Air」だ。大使館所在地での1時間ごとの測定値が掲載されている。中国環境保護部や北京市環境モニタリングセンターも汚染粒子の濃度や汚染指数をウェブで公表しているが、米国大使館との違いは、中国はPM10の測定値に基づいているのに対し、米国大使館情報はPM2.5の測定値である点だ。

   PM10というのは、直径10μm以下の汚染粒子で、PM2.5は粒子サイズが2.5μm以下を指す。汚染粒子の粒が細かいほど、肺や血管の奥深くへと侵入し、喘息や気管支疾患だけでなく、肺や心臓にも悪影響を及ぼし、死亡リスクも増加するという。中国ではインターネットのアクセス規制があり、You TubeやFacebookと同様、Twitterにもアクセスできない。そのためBeijin AirTwitterの情報は、VPN(ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク)を通じてアクセス可能にしている友人に教えてもらっていたりしたのだが、米国大使館の別ページで確認できることがわかった(http://beijing.usembassy-china.org.cn/070109air.html)。

Very Unhealthyでも喜んでしまう心理

大気質指数が500の最高値を超えBeyond Indexとなった日(2012.1.10)のBeijing Air画面(上)とこの日の国貿三期ビル(下)。PM2.5の次の数値が濃度(ナノグラム/m3)、次が大気質指数。
大気質指数が500の最高値を超えBeyond Indexとなった日(2012.1.10)のBeijing Air画面(上)とこの日の国貿三期ビル(下)。PM2.5の次の数値が濃度(ナノグラム/m3)、次が大気質指数。

   Beijing Airでは、PM2.5の濃度と大気質指数(Air Quality Index、 AQI)が表示される。大気質指数は0-500で、500が最悪であり、指数50以下が「良」とされる。論争となったのは、Beijing Airで大気質指数が301以上の「重汚染(Hazardous)」なのに、北京当局のPM10観測値では「良(Good)」だったり「軽微汚染(Unhealthy for Sensitive Groups)」だったりするという不一致がみられた点だ。大気の観測地点は道路のような排気ガスの多いところから50メートル離れた地点で測定すべきだが、米国大使館の測定地点は15メートルしか離れていないので、より数値が高くなる、という北京当局による反論(弁解)が新聞に載ったりもしたが、「今日の空気はどうみても不健康」と明らかに五感で感じられる日に「良(Good)」と表示されていては、納得がいかないのもうなずける。そういう風潮を受けてか、中国政府も今年1月末から試験的に2.5PMの測定値をウェブで公開するようになった。しかしながら、測定地点が違うので公正な比較はできないが、どうも米国大使館の数値よりいつも低めであるようにみえる。

   大気汚染があっても、外出を控える、マスクをする程度の自衛策しかできないのも事実。毎朝、米国大使館のBeijing Airをチェックしていた友人曰く、常に軽度汚染(Unhealthy)か中度汚染(Very Unhealthy)、ときどき重汚染(Hazardous)と表示され、「憂鬱になるので見るのをやめた」と言い捨てていた。欧米人は以前から、Beijing Airをモニターし、汚染がひどい日には外出しないなどの自衛策を講じていたようで、インターナショナルスクールも、汚染のひどい日には屋外活動を停止するなどの対策を講じていたが、日本人コミュニティは対応が遅れていた。しかし、昨年末に日本大使館による説明会があり、日本人コミュニティでも「そこまでひどかったのか」という認識が高まり、日本人家庭がこぞって空気清浄機を買いに走り、清浄機が品薄状態になったとも聞く。

   3カ月前の朝、窓を開けると石炭の燃える臭いが強く鼻をつき、大気は真っ白だった。Baijing Airでの大気質指数はずっと500で、その横に「Beyond Index」と表示されていた。指数の最大値500(重汚染/Hazardous)を超えてしまい、表示不能なのだ。Hazardousの場合、「すべての人は屋外活動を中止。心臓・肺疾患患者、高齢者及び子供は屋内に留まり、体力消耗を避けるべし」という警告がなされる。この日、昼12時には大気はVery Unhealthyにまで落ち、「ああ、きれいいになった」と思ってしまった自分が怖い。連日、ちょい汚染か、大汚染か、信じがたい汚染……の間をいったりきたり、というカテゴリーしかない環境に慣れてしまったのか……。

   冬の石炭による暖房の季節が終わり、大気中の石炭臭はなくなったが、これから柳絮(ポプラ科樹木の綿毛状の種子)やら黄砂やらが飛ぶ季節となる。北京で安心して深呼吸できる日はいつになることだろうか。

小林真理子

【プロフィル】
小林真理子(こばやし まりこ)
北京在住3年のフリーランスライター&翻訳業。
趣味は旅行と武道。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中