就活戦線めぐる「海亀」VS「泥亀」 1000万円かけても「勝者」になれない

印刷

   中国の留学熱がいっそう高まっている。「90后」とよばれるいわゆる1990年代以降に生まれた世代の相当数が留学するという。2011年度の中国からの留学総数は約33万9700人、そのうち自費留学は31万4800人と90%以上を占めている。留学先として人気なのは米国、英国、英国、カナダ、オーストラリアで、米国が最も多い。

「アパートが欲しいか、留学したいか」

ある大学構内。留学や語学教室の案内がずらり。
ある大学構内。留学や語学教室の案内がずらり。

   留学の低年齢化も最近の傾向であるという。中国の受験戦争は日本の比ではない。小1から帰宅後何時間もかかるような宿題の山で「教科書一冊丸暗記」というような課題さえある。放課後「補習班」とよばれる塾に通う子も多い。そこまでして中国の難関大学に入っても大学卒業生の急増のため、まともな職に就けないことも多い。厳しい中国国内での受験戦争を勝ち抜くメリットが減っていることや、子供をそういう厳しい受験環境に置きたくないという理由で留学させる例もある。

   高校1年の息子をもつ中国人母に子供を留学させるのか聞いたところ、「もちろん」という答えであった。しかし、いくら中国元が強くなったといっても、私費留学は高い。ざっと見積もって米国の大学で1年間30万元(360万円)、4年間で120元(1440万円)かかるという。知人は「中流の上」の家庭で、北京市内に居住用以外の公寓(アパート)を所有しており、息子には「公寓が欲しいか、公寓を売ったお金で留学させてほしいか」選択させるという。

   当の息子は、中学時代は「留学したくない」と言っていたそうだが、高校の同級生がどんどん留学するのを目の当たりにして、高校時代での留学を考え始めているという。経済的に余裕のない世帯であっても、住んでいる公寓を売って安いところに引越し、留学費用を工面する例もあるという。周りの熱に浮かされて確固とした目的なく留学する例も多いにちがいない。

ドロガメとなるもコンブとなるなかれ

ショッピングセンター内の幼児英語教育の案内。一人っ子への早期教育熱も高い。
ショッピングセンター内の幼児英語教育の案内。一人っ子への早期教育熱も高い。

   留学帰りは「海亀」と呼ばれる。海外からの帰国の意味の中国語「海帰」(haigui)と「海亀(haigui)」の発音が同じことによる。一方、中国国内に留まっている場合は、「土鼈(tuibie)」とよばれる。鼈は「すっぽん」のことで、泥の中に棲息することから「ドロガメ(泥亀)とも呼ばれる。かつては留学すると箔がついて戻ってきてからの就職に有利だったが、留学生が急増し、もはや希少価値はないという。最近の調査によると留学帰国者の初任給は約3000元程度で、国内大卒組との差がなくなってきている。これでは高い留学費用の元が取れない。

   それでも、まだ職があればいいほうで、最近流行の言葉は「海帯(haidai)」である。留学から戻ってまだ職につけない場合を「海待(haidai)」と呼ぶことから、同じ音の海帯(コンブ)にひっかけたもの。就活に必要な情報の不足が、「海外帰国組」が自分に合った職を 得ることを難しくしている。就職できない理由に、中国内の事情に疎いことや、高い報酬を希望することにあるという。せっかく高い費用を捻出して留学させても、コンブ(親のすねかじり)となられては、親としてはたまらないだろう。

   いずれ「ドロガメとなるもコンブとなるなかれ」という格言が中国にできるのではなかろうか。

小林真理子

【プロフィル】
小林真理子(こばやし まりこ)
北京在住3年のフリーランスライター&翻訳業。
趣味は旅行と武道。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中