【書評ウォッチ】ひどいぞ「世代間格差」 問題点を整理する一冊

印刷

【2012年6月10日(日)の各紙から】芥川龍之介の『河童』では、母親の胎内にいる子どもに、生まれる意志があるかどうかを親が尋ねる場面がある……こんな書き出しの書評が毎日に。人間の場合はもちろん、子どもは親も国も時代も選べない。少子高齢化の日本では、これからの社会を支える子どもたちの荷が重くなるばかり。その実状と原因を分析した本が『世代間格差』(加藤久和著、ちくま新書)だ。

深刻すぎる現状に解決策は?

『世代間格差』
『世代間格差』

   高齢世代よりもあとの世代になるほど負担が増える。例えば、政府の赤字財政でふくらむ借金(債務)。2011年に65歳の人は生まれた時点で1人当たり14.8万円だが、若くなるにつれて増え、2歳では722.8万円にまで拡大する。これではさまざまな制度がつづけられるはずもない。

   どうしてこんなことに? 本は、社会保障の財源として現役世代が引退世代を支える「賦課方式」をとってきたこと、終身雇用や新卒一括採用という雇用システムが行き詰ったことなど5つの要因を指摘する。

   その解決策として、債務残高が高まった場合に自動的に歳出の削減や増税などを行えるようなルール作りなどを提言している。「問題全体を展望するための恰好な一冊」と、評者の中村達也・中央大名誉教授。これを日本の政府や国会がすぐにできれば、もとからこうはならなかったろう。ただし、学者のタワゴトと片づけてすますには問題が深刻すぎる。事態を正確に知ってポイントを整理しておくために、まずは現状分析の本。サブタイトルのとおり「人口減少社会を問いなおす」必要がある。

女優小泉今日子さんが尾崎豊の本を

   こういう政策論とはうってかわったタイプの本が読売に。著者も評者も、だいぶちがう。『NOTES』(尾崎豊著、新潮社)の書評は、「1981年、私は高校1年生だった。もう子供じゃないけれど、まだ大人でもない」で始まる。歌手尾崎豊と同い年の女優小泉今日子さん。その頃はいつか大人にならなければならないことを、遠くの黒雲が近づいてくるように感じていたという。

   尾崎豊は16歳から亡くなるまでの11年間に50冊のノートをつけていた。自分自身と向き合うためにつづられた莫大な言葉。「私が黒雲に怯えながらゲラゲラ笑っていた時間、彼は黒雲の正体を暴こうと必死に立ち向かっていた」「切なくなった」と小泉さん。こちらは青春の感受性がつまった本だ。こういう若者に希望を与えられる日本であってほしい。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中