【北京発】反日デモ余波と大気汚染 日本人学校の運動会を直撃

印刷

   先週から北京では本当に珍しいほど気持ちよく晴れる日が続いていた。北京日本人学校が運動会に予定していた2012年9月15日(土)も、在中国米国大使館が発する大気汚染情報Beijing Airでは、Moderate(良)。昨年来、北京の大気は、よくてUnhealthy for Sensitive Groups(軽微汚染)、たいていはUnhealthy、(軽度汚染)かVery Unhealthy(中度汚染)で、ときどきHazardous(重汚染)、というもので、Moderateという日は本当に稀有。運動会日和の日だった。

「大勢の出入りのある集会は避けるように」

反日デモで延期となった北京日本人学校運動会当日の大気汚染はVery Unhealthy。近くのビルも霞む
反日デモで延期となった北京日本人学校運動会当日の大気汚染はVery Unhealthy。近くのビルも霞む

   しかし反日デモの激化で、運動会は21日に延期。17~19日は休校となり、20日にようやく通常授業が再開。日本大使館前の日本人公寓で、道路との間の柵が撤去されておらず通学バスの出発が2時間遅れるという事態が生じたものの、児童生徒はなんとか登校でき、翌日の運動会も開催されるだろうと思われていた。

   しかし、学校側の決定は「保護者も含め、外部からの出入りのない状での校内運動会とする」というもの。北京市公安局から「大勢の出入りのある集会は避けるように」との指導があり、日本大使館からも「安全面に配慮して、通常の運動会は避けた方がよい」との助言があったという。親が見に行けない運動会なんて、と保護者らは落胆している。休校になる以前から、開会式の練習で中国国歌は大きな音で流し、日本の国歌は小さい音で流す……という「気配り」もされていたらしいと聞くが、やはりだめだったか、というところだ。

デモ期間「近年にないほど大気汚染少なく」快晴

デモが最大となった9月18日は晴天で空気も澄んだ「デモ日和」だった。封鎖された亮馬橋路。
デモが最大となった9月18日は晴天で空気も澄んだ「デモ日和」だった。封鎖された亮馬橋路。

   さらに天候も追い討ちをかけている。反日デモの行われていた期間、北京の大気は近年にはないほど汚染が少なく、気持ちのよい快晴で、まさに絶好の「デモ日和」が続いた。封鎖された日本大使館前の道路は歩行者天国状態で、週末に親子連れでデモに参加する人もいた、というのもうなずける。大気汚染がひどかったり、暴風雨だったりしたら、デモに行く気にならなかった人も多いだろう。天気もデモに味方したのか?

   それが、日本人学校が再開した20日から、大気中の汚染粒子がどんどん増え、空気が白く不透明になってきた。ここのところの、汚染粒子が蓄積してスモッグが濃くなりあるレベルに達すると雨が降り、いったん少し汚染度が回復(雨で流される)、また徐々に蓄積されて雨……というパターンが続いていた。スモッグが濃くなった20日、翌日の雨が心配され、日本人学校では「宿題はてるてる坊主を作ること」というクラスもあったそうだ。涙を誘われます。

   てるてる坊主が効いたのか、運動会当日、雨にはならなかったものの、大気はさらに不透明に。Beijing Airの汚染指数は276でVery Unhealthyである。「汚染粒子が紫外線をさえぎってくれるから、日焼けしなくて、運動会日和ですね」と、皮肉の一つも言いたくなることだろう。

日食グラスなしで日食観察OKの北京の大気汚染

北京の空の日食。肉眼でへっちゃら
北京の空の日食。肉眼でへっちゃら

   金環日食が観測された今年5月21日、日本では「絶対に太陽を直接見ないように」という注意があちこちで出され、日食グラスや太陽投影板が飛ぶように売れたと聞く。北京でも部分日食を見ることができたが、この日も大気はVery Unhealthy。スモッグがしっかりブロックしてくれて、肉眼でも全く平気に観察できた。北京の大気汚染、太陽にも勝ちます。

   しかしながら、デモの日々の快晴続きと、その後の運動会当日のこの天気と汚染。絶妙のタイミングだ。「さすが、中国。天候操作できるんじゃないの」という「冗談」も飛び交いそうだ。

小林真理子

【プロフィル】

小林真理子(こばやし まりこ)
北京在住3年のフリーランスライター&翻訳業。
趣味は旅行と武道。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中