【書評ウォッチ】単純・最強ツール「鉄条網」140年の歴史 カウボーイの仕事減らす

印刷

   どんな物にも歴史があり、そこから世界と人間を見つめることができる。『鉄条網の歴史』(石弘之、石紀美子著、洋泉社)は、発明以来140年余にわたり人と人、土地と土地を強引に仕切ってきた「史上最強のテクノロジー」の陰影を追った。言葉自体には快いイメージはまったくないのだけれど、思わぬ自然復活の効用もあり「へえ」と読者をうなずかせる一冊だ。【2013年4月16日(日)の各紙からII】

家畜、人間、自然を仕切る

『鉄条網の歴史』(石弘之、石紀美子著、洋泉社)
『鉄条網の歴史』(石弘之、石紀美子著、洋泉社)

   鉄線にトゲとなる鉄線を巻きつけただけの代物。しかし、これがアメリカ西部開拓史を画し、その後は家畜どころか人間をも強制的に束縛し、今も現役で機能する。人類が生んだ単純でかつ最強の「外敵排除」ツール・兵器なのだ。

   「西部劇を終わらせた」と荒俣宏さんが朝日新聞で。この書き出しが威力のほどを示している。カンザス州には「鉄条網博物館」が。もとは「家畜が花壇を荒らさないように」と妻に頼まれた男が考えた素朴なフェンス。これでカウボーイの仕事が減り、大牧場主と農民たちの土地の囲い込み競争に引っぱりダコ、生態系を変えるほどに使われたという。

   戦争では、今度は人間を囲った。戦場や強制収容所の必需品。南ア・アパルトヘイトの「差別する側」と「される側」の対立にも、本は触れる。今でもチェルノブイリで立ち入り禁止の境界となり、朝鮮半島では軍事境界線に長くのびる。そこでは皮肉な異変が。

   人を遮断した地域に自然が戻り始めた。とくに大型動物の増加がめざましいそうだ。強制的に仕切ることのなんというもの凄さか。福島第一原発の立ち入り規制区域ではどうなのか。露骨な鉄条網はなくても仕切りのあちらでは? この超強烈な品物から人間の過去と未来を、本は読む人に考えさせる。

中国ぬきの海洋国家特集

   海洋国家という言葉が、このごろよく聞かれる。関連本を日経新聞が読書面トップで特集した。『太平洋のレアアース泥が日本を救う』(加藤泰浩著、PHP新書)や『東アジア海域に漕ぎだす』(小島毅監修、全6巻、東京大学出版会)などをあげ、海底資源の開発や人・モノ・情報が行き来する場として重視する考えを獨協大学の竹田いさみさんが「日本の新たな活力を見出す道がある」と強調している。バラ色の展開に勇気百倍の内容だ。

   しかし一点、「海洋強国」とやらの言葉は他でも聞く。中国の海軍力増強や貪欲なまでの領土確保の動きだ。そこを特集は論じようとしない。「海洋」とは東シナ海以外のことだとでもいうのか。中国の進出問題をぬきにして海洋国家論を語るのは、何か遠慮でもあるのだろうか。抽象論やきれいごとだけですめば苦労はない。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中