2018年 7月 21日 (土)

「泥だんご作り」はここまで進化した 転がすほどピカピカ、表面にシールも

印刷

   シヤチハタは2013年5月27日、泥だんご作りが楽しめる「コロピカどろだんご制作キット」を発売する。

「天然鉱物粉末」と「天然粘土粉末」使用

カラフルな泥だんごが完成
カラフルな泥だんごが完成

   かつて子どもたちに親しまれた泥だんご作り。一方で、砂場などの土には何が入っているか分からないことから衛生的な不安があること、すぐに割れてしまうこと、上手く作れないことなど、敬遠される要素もあった。

   しかしこのキットでは、転がすだけで比較的簡単に「ピカピカ」と光る泥だんごを作ることができ、さらに表面にシールを貼ったり絵の具を塗ったりと、工作にも応用できる。使用するのは「天然鉱物粉末」と「天然粘土粉末」のみで、内容物がはっきりしており、「衛生面も安心」という。

   作り方は、まず「芯用土」という土で丸い土台を作り、その上に「さらこな」をふりかける。乾燥させながら下敷きなど平らなものの上で転がすうちに、ピカピカの泥だんごが出来上がる。コツは「さらこな」をふりかけすぎないことだそうだ。

   価格は525円。キット1つで、直径57ミリなら1個、同47ミリなら2個、同37ミリなら4個の泥だんごを作ることができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中