沖縄・うるま市を練り歩く「エイサーまつり」開催 「イチハナリアートプロジェクト」も

印刷

   沖縄の「エイサー」といえば、お盆の霊を送り出すための伝統芸能だが、最近では華美に創作したタイプも目立つようになってきたという。華やかなのもいいが、古来の伝統的な「エイサー」をじっくり見たい――。そんな要望に応える祭が、沖縄県うるま市で毎年開かれている。

500人以上がエイサーに参加

沖縄県うるま市で行われる「エイサー」
沖縄県うるま市で行われる「エイサー」

   沖縄県の中部に位置し、那覇市から車で1時間ほどにある、うるま市は沖縄県内でも有数のエイサーどころで、歴史あるエイサーが各地域に継承されている。2013年8月23日から25日まで開催する「第8回 うるま市エイサーまつり」には、青年会17団体、保育園・こども会など3団体、計20団体500人以上が出演予定だ。うるま市エイサーまつり実行委員会の主催。

   威厳のある「屋慶名エイサー」や、はだしで踊る「平敷屋エイサー」など、由緒ある「エイサー」の演舞を間近で見られ、地域ごとに特色のある衣装・踊り・かけ声の違いを楽しめる。前夜祭が8月23日に18時50分~21時まで、うるま市役所本庁横道路で開催。24・25日は16時~21時まで、うるま市与那城総合公園陸上競技場で行われる。

   また、うるま市の伊計島では、アートによる島おこしを目的とした現代アート展覧会「2013イチハナリアートプロジェクト」を開催している。うるま市観光物産協会の主催で、廃校になった旧伊計小中学校を主会場に、周辺集落にも作品を展示。参加アーティストは、国内外で活動している日本こうさく学研究会のメンバーや、沖縄県出身の現代アート作家・照屋勇賢さんなど。開催期間は9月1日まで。入場は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中