【書評ウォッチ】逃げ場のない島の原発反対運動 「原子力ムラ」対全島民500人

印刷

   小泉純一郎元首相が原発反対論を語って話題になっている。一方で原発必要論も政財界を中心に根強い。延々と続きそうな論争に、現場からの発言といっていい『祝島のたたかい』(山戸貞夫著、岩波書店)が東京新聞に。原発建設を31年間止め続ける島だ。開発側が圧倒的に優勢だったころからの、それも、安倍首相の地元・山口県の話。耐えて生き抜く島民のしたたかさが、理屈を超えて読ませる。【2013年10月6日(日)の各紙からⅠ】

「雨後のタケノコ原発本と一線を画する」

『祝島のたたかい』(山戸貞夫著、岩波書店)
 『祝島のたたかい』(山戸貞夫著、岩波書店)

   計画されたのは中国電力の上関(かみのせき)原発。瀬戸内海に面する山口県上関町に、14万平方メートルの海面を埋め立てて改良型沸騰水型の原子炉を建てようとした。

   「豊かな漁場」「貴重な動植物の宝庫」といった反対論は当然にも起きるが、この本は「福島第一の事故後に雨後の筍(たけのこ)のように現れた原発本と一線を画する」と評者の安渓遊地・山口県立大教授。そこには切実すぎる事情があった。

   祝島は予定地の対岸3・5キロ。周囲はすべて海だ。万一の事故にも避難は簡単にいかない。荒天時と重なれば、もう逃げ場はない。だから周囲12キロ、人口約500人の小さな島が懸命に立ち上がるほかなかった。

   今でこそ反対運動への理解も関心も広がったが、1982年の計画発覚当時は電力会社を中心に政財官界、ご用学者・評論家あげての推進派「原子力ムラ」が大手を振っていた時代だ。島民たちは漁を休んで阻止行動を連日、しぶとく続けた。24時間態勢の見張りと毎月曜のデモは1100回を超した。

見張りは井戸端会議に、散歩は工事車両ストップに

   反対運動の先頭に女性が立ったことも特徴的。夜通しの見張りが井戸端会議になり、情報がゆきわたる。予定地の「散歩」が監視機能を発揮し、工事車両ストップにつながった。

   今、過疎と高齢化の小さな島があみ出した戦術は非暴力住民運動の教科書ともいわれる。本は運動の中心になってきた元漁協組合長の回想と総括に島民座談会も。島の実情は、書評が触れるもう一冊『原発をつくらせない人びと』(山秋真著、岩波新書)でも読める。

   大震災による高齢者ストレスの実態を報告した『避難弱者』(相川祐里奈著、東洋経済新報社)を日経新聞が小さく扱った。福島第一原発間近の老人ホームで何が起きたかの一点にしぼったルポには説得力が。災害時の弱者救護対策を提言してもいる。評者無署名。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中