【書評ウォッチ】「日本は戦争したがっている」が中国の「常識」? 庶民感情を取材すると…

印刷

   中国嫌いは多い。一方で友好を望む人もいっぱいいるはずだ。互いに関心がありながらギクシャクし続ける関係を庶民感情からとらえた『中国人の誤解 日本人の誤解』(中島恵著、日経プレミアシリーズ)が毎日新聞の新刊欄に。「戦争をしたがっている」「そっちがケンカ腰でくるからだ」とまあ、売り言葉に買い言葉が飛び交いかねない思い込みのあれこれに、冷静な対応を呼びかける。人々の実像を求めて取材した結果は、どちらの「常識」も的はずれだよということだろうか。【2013年11月3日(日)の各紙からⅠ】

日本人としては「まさか」と声をあげたくも

『中国人の誤解 日本人の誤解』(中島恵著、日経プレミアシリーズ)
『中国人の誤解 日本人の誤解』(中島恵著、日経プレミアシリーズ)

   両国関係の情報は、互いの新聞やテレビ、ネットさらに書店などに今やあふれかえる。しかし、誤解や偏見が実像とかけ離れた「常識」を生む可能性はたしかにあるかも。そう疑いながら、この本を読めば驚く話、うなずける話、どちらも盛られている。

   驚くのは、中国では「日本人は本当に戦争をしたがっているんじゃないか」と思うのが普通だというあたり。「日本人としては、まさかと声を上げたくなる」と、毎日の署名「近」1字の評者。「そういう人が少なくない」といったレベルではすでにないことに、著者はインタビューを繰り返す中で気づいたそうだ。

   日本人の多くは、中国の反日教育と抗日ドラマに原因ありと思いこむ。日本のテレビで一部流された映像は、旧日本軍の暴力行為と被害者の中国人、それを助ける中国ヒーローのカンフーばりの大活躍。露骨で低俗、安っぽい作りにはあきれるばかりだ。しかし、問いかけに「特に反日教育を受けたことはない」「抗日ドラマは暇つぶしの茶番劇」と答える若い中国人が多かったという。だからよいってわけでもなかろうが?

   誤解が増幅し、感情を悪化させる現状。反対に、好印象はなかなか伝わらない。「お互いに素顔を知らない永遠の隣人」という、どうにも切ない関係を本は描きとっている。

イスラムの人々から尊敬される日本人

   海外の対日観を扱ったものでは『イスラムの人はなぜ 日本を尊敬するのか』(宮田律著、新潮新書)を東京新聞が紹介している。現代イスラム研究センター理事長の著者が、接してきた親日感情から「 イスラムを過剰に怖れる必要はない」と力説する。かの国々では日本のアニメやマンガが引っ張りダコだとはよく聞くが、底流に日本を理想的社会と受けとめる庶民感情があるという。評者は比較文学者の四方田犬彦さん。

   中国との軋轢にもうウンザリのところへ「私たちが思っている以上に、日本人は(イスラムから)尊敬されている」なんて言われたら、これはジーンとくる。癒される。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中