ギャルも仰天!渋谷のハロウィーンお祭り騒ぎ なぜそうなったかを考えた

印刷

   ハロウィーンの先週10月31日(2014年)、前代未聞の仮装大会と化した東京・渋谷。様々な格好をした若者達で賑わい、互いに写真を撮り合うなど深夜までお祭り騒ぎが繰り広げられました。

   また市場規模はバレンタインデーを越え、1100億円と言われるなど、年々その注目度は増すばかりです。なぜここまでしてハロウィーンは盛り上がりをみせ始めたのでしょうか。

   今回のギャルウォッチでは、その考えられる理由について掘り下げたいと思います。

  • 尋常ではなかった盛り上がり
    尋常ではなかった盛り上がり

SNSで目立ちたい気持ちを年に一度の仮装で爆発

【その1 日常生活に欠かせないコミュニケーションツールの定番化】

   まず若者にとって切っても切り離せなくなっているように、ブログやツイッター、インスタグラムといったコミュニケーションツールの定番化です。彼らはこれらのツールにおいて、自分達のライフスタイルを恥じらいもなく曝け出します。

   むしろ、抵抗することなく、如何に目立てるかが重要。そして「私の生活、充実してるでしょ!」と、誰よりもリア充ライフを送っているかをアピールし、周囲からの評価で自分の存在価値をはかるのです。

   多数のコメントや「いいね!」をもらえた場合には、ちょっとした有名人気分を味わえるのはもちろん、一種の快感を得ることも出来ます。

   そんな若者にとってハロウィーンは、目立てる絶好のタイミング。楽しんでいる自分や充実したライフスタイルを最大限に演出出来る場所と言っても過言ではないのです。

【その2 イベント慣れやストリート文化育ちの若者が減少】

   次に考えられるのが、以前と比べ、頻繁に外へ遊びに行く若者が減ったことが考えられます。【その1】にも繋がることではありますが、ブログやツイッター、インスタグラといったツールが定番化したことで、若者達はストリートよりも、ネットでのコミュニケーションを重視するようになりました。

   以前までは「渋谷」といったストリートを通し友人達と会うことが若者達の楽しみの1つでしたが、ネット上でのコミュニケーションが日常的になったことで、実際にリアルに会わなくても相手の日常が分かるようになったのです。

   それに関連し、最近では一昔前と比べ、オシャレや目立てる格好をしてクラブイベントへ行く若者も減ってきていると言われています。つまり、イベント慣れやストリート文化で育っていない現代っ子だからこそ、こういったハロウィーンにおいて知らない若者と交流出来たり、一緒に楽しめることを新鮮に感じていることで、この時ばかりは街へ繰り出したいと思うようになり始めたのです。

ふだんと違う自分になりやすくなった社会環境

【その3 一般化したコスプレ】

   次に挙げられるのが、これまでアニメや漫画好きのコスプレイヤーの間だけしか浸透していなかったコスプレが一般的になってきたことが考えられます。

   若者の間ではプリクラを撮る歳、ゲームセンターで貸し出ししているコスプレアイテムをあえて着用したり、ディズニーランドでは高校生ではないのに友達と制服を着用する「制服ディズニー」を楽しんだりするようになりました。

   このようにコスプレが一般的な市民権を得たことで、仮装をすることに対し抵抗がなくなり、みんなで楽しむことが出来る文化として受け入れられるようになったのです。

【その4 変身願望を叶えてくれる】

   これまで何度もお伝えしておりますが、イマドキのギャルや女子達は、メイクやヘアを駆使し、その時のシーンやTPOによって雰囲気をガラリと使い分けています。ある時はガーリーに、ある時はクールに、ある時はセクシーに...など、いつもと違う自分を演出し、別人のように変身することを常日頃から楽しんでいるのです。

   そんな若者にとってハロウィーンは、自分達の変身願望を叶えてくれる一大イベント。普段は控えがちな過激的や仮装から、露出の多い仮装もこの時ばかりは解禁!

   また「他がしていれば自分も同じことをしたい!」といった日本人の気質的にも合致したことで、ここまで盛り上がりを見せ始めたのでしょう。

盛り上がりはさらに...でも、マナーやモラルを忘れずに

   以上、ハロウィーンが盛り上がりを見せ始めた4つの要因についてはいかがでしたか。実際に私も渋谷へ仮装をして行ってみましたが、その盛り上がりは尋常ではないほどです。

   またクリスマスやバレンタインとは違い、恋人や好きな人といった色恋がなくても楽しめますし、一人一人が「主役」になれるイベントであることも感じることが出来ました。この状況から考察すると来年はさらなる盛り上がりを見せると予測出来ます。

   しかし、その楽しみの裏側ではゴミ問題や痴漢や暴行といった警察沙汰の事件も発生しているのが現状です。年に一度の一大イベントには違いないですが、来年も再来年のことを考えると、最後までマナーやモラルを守って楽しんはで欲しいものですね。

grp編集長・まぁ~さ

【grp】 grpとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中