キス習慣がないのに日本が最多 歯周病の可能性が5人に1人

印刷

   サンスターは2014年11月10日、歯周病予防のハミガキやデンタルリンスなどの「G・U・M(ガム)」シリーズ発売から25年を迎えるにあたり実施した、世界のオーラルケア・歯周病事情に関する調査の結果を発表した。日本ではキスの習慣がないにも関わらず、口腔内細菌感染症である歯周病の可能性のある人が5人に1人と、6か国中で最多とわかった。

   調査は2014年9月2~17日、日本、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、スウェーデンの20~69 歳の男女、各国380人を対象にインターネットで行った。

  • 世界のオーラルケア・歯周病事情に関する調査
    世界のオーラルケア・歯周病事情に関する調査

日本は半数以上がコップ「いっしょ派」

   配偶者・恋人・パートナーとのキスの習慣を聞くと、日本は1週間の平均回数が1.31回と6か国中最低で、日本の次に少ないスウェーデンの5.37回と大きく差が開いた。6か国平均で「ほぼ毎日」が61%に対し、日本は12%と5分の1の割合にとどまった。

   歯周病のセルフチェックを行ってもらうと、「朝起きたとき、口の中がネバネバする」「ブラッシング時に出血する」「口臭が気になる」などの8項目のうち、3項目以上の症状があてはまると回答した人が日本では20%で、もっとも多かった。

   歯みがきする時に使用するコップの管理には国によって差があり、ドイツは約9割が「べつべつ派」なのに対して、日本では半数以上が「いっしょ派」という結果だった。

   調査結果について神戸常盤大学の野村慶雄教授(歯学博士)は

「それぞれの国において生活習慣に違いはありますが、その生活習慣の違いがその国の歯周病罹患と直接関係しているとは思えません。しかし、歯周病が世界的に最も多い感染症であり、全身への影響も明らかになった現在、原因である細菌を確実にコントロールすることを心がけましょう」

とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中