2020年 1月 23日 (木)

寒い北欧の凛々しい音楽 ジャン・シベリウス、「ヴァイオリン協奏曲」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ヨーロッパは、東西にも広がりがありますが、南北の広がりもかなりなもので、南欧の国々は、北アフリカが望めるぐらい南にありますが、北欧の国々は、北極まで、国土がつながっています。今日は、北欧の作曲家の登場です。フィンランドの、ジャン・シベリウス、曲は、「ヴァイオリン協奏曲」をとりあげましょう。

  • 小さなヴァイオリンのある風景
    小さなヴァイオリンのある風景

「周辺国の作曲家たち」「国民楽派」

   北欧の国というと、現代では、シンプルなデザインの家具とか、高福祉国家、環境先進国というような良いイメージがたくさんありますが、裏を返せば、人口が少ないからこそそういった特色をうちだせているわけで、人々が沢山集まることによって成長する文化などに関しては、決して、有利な国々ではありません。クラシック音楽が発達してきた、19世紀前半、北欧諸国は、気温も、文化についても、文字通り「お寒い状況」でした。

   しかし、19世紀後半になると、伊・独・仏などの先進国からもたらされた音楽が上演されるようになり、北欧諸国、そして、同じように北の国土を持つロシアなどから、自国文化に根ざした音楽を作るべき、と考える作曲家が現れてきたのです。

   北欧の作曲家たちは、距離の近さ、民族や文化のつながりなどの理由で、必然的に、音楽先進国の中でも、ドイツに留学する人が、多くなりました。1865年フィンランドに生まれたシベリウスも、ベルリンに留学しています。これらの、「周辺国の作曲家たち」は、出身国の文化や民族に誇りを持ち、その民族音楽などを作曲の要素に取り入れたため、「国民楽派」とまとめて呼ばれることがあります。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でプルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!