雲海から太陽、雪化粧した富士山... 成田発着便は「日本一早いご来光」

印刷

   元旦にあたる2015年1月1日早朝、航空各社は機上から初日の出を拝める「初日の出フライト」を運航した。

   各社とも、窓側の席は発売から数時間で売り切れてしまう人気企画だ。

  • 「日本一早いご来光」に機内では歓声があがっていた
    「日本一早いご来光」に機内では歓声があがっていた
  • 銚子上空を旋回しながら初日の出を待った
    銚子上空を旋回しながら初日の出を待った
  • 20000フィート(約6100メートル)を飛ぶ飛行機からは雪化粧の富士山も見えた
    20000フィート(約6100メートル)を飛ぶ飛行機からは雪化粧の富士山も見えた

銚子上空で旋回してご来光を待つ

   記者が搭乗した日本航空(JAL)のJL2015便は、乗員乗客233人を乗せて6時過ぎに成田空港を離陸、千葉県銚子市上空20000フィート(約6100メートル)で旋回しながら初日の出を待った。

   銚子は山頂や離島をのぞくと日本で最も早く初日の出が見られる場所で、1月1日の日の出は6時46分。上空からだとさらに早く日の出を観測できるため、まさに「日本一早い初日の出」になるというわけだ。

   6時35分頃、雲海から太陽が顔をのぞかせると、乗客からは歓声があがっていた。フライトは雪化粧した富士山を横目に、約2時間かけて成田空港に戻った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中