「ブルーライン」のCAはいかが? ANA、1万3000人の制服を一新

印刷

   全日空(ANA)は2015年2月1日から、客室乗務員(CA)や地上職員の制服を一新した。ANAがCAの制服を一新するのは2005年5月以来10年ぶりで、今回の制服が10代目。

   新制服は「挑戦」「安心」「おもてなし」がコンセプトで、デザインはニューヨーク在住のデザイナー、プラバル・グルン氏が担当。いずれもコーポレートカラーの「ブルーライン」を前面に打ち出した。

  • ロサンゼルス行きのNH1006便に乗り込む客室乗務員。定期便でCAが新制服を着るのは初めてだ
    ロサンゼルス行きのNH1006便に乗り込む客室乗務員。定期便でCAが新制服を着るのは初めてだ
  • 地上係員も新制服で乗客を見送った
    地上係員も新制服で乗客を見送った
  • 式典には歴代制服もお目見え
    式典には歴代制服もお目見え
  • ラウンジ係員の制服も一新された
    ラウンジ係員の制服も一新された

羽田でカウントダウンセレモニー

   新制服は、全世界のANAグループのCA約8000人、地上係員約5000人、ラウンジスタッフ約250人の計約1万3000人が着用する。

   0時5分羽田発ロサンゼルス行きのNH1006便には、定期便で初めてCAの新制服がお目見え。羽田空港国際線ターミナルではカウントダウンセレモニーが行われ、今度は、新制服に身をつつんだ地上職員が0時25分発のバンコク行きNH849便を見送った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中