2018年 7月 19日 (木)

「ブルーライン」のCAはいかが? ANA、1万3000人の制服を一新

印刷

   全日空(ANA)は2015年2月1日から、客室乗務員(CA)や地上職員の制服を一新した。ANAがCAの制服を一新するのは2005年5月以来10年ぶりで、今回の制服が10代目。

   新制服は「挑戦」「安心」「おもてなし」がコンセプトで、デザインはニューヨーク在住のデザイナー、プラバル・グルン氏が担当。いずれもコーポレートカラーの「ブルーライン」を前面に打ち出した。

  • ロサンゼルス行きのNH1006便に乗り込む客室乗務員。定期便でCAが新制服を着るのは初めてだ
    ロサンゼルス行きのNH1006便に乗り込む客室乗務員。定期便でCAが新制服を着るのは初めてだ
  • 地上係員も新制服で乗客を見送った
    地上係員も新制服で乗客を見送った
  • 式典には歴代制服もお目見え
    式典には歴代制服もお目見え
  • ラウンジ係員の制服も一新された
    ラウンジ係員の制服も一新された

羽田でカウントダウンセレモニー

   新制服は、全世界のANAグループのCA約8000人、地上係員約5000人、ラウンジスタッフ約250人の計約1万3000人が着用する。

   0時5分羽田発ロサンゼルス行きのNH1006便には、定期便で初めてCAの新制服がお目見え。羽田空港国際線ターミナルではカウントダウンセレモニーが行われ、今度は、新制服に身をつつんだ地上職員が0時25分発のバンコク行きNH849便を見送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中