知ってるようで知らない英国 料理だって実は味わい深い

印刷

   イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の間に第2子となる、シャーロット・エリザベス・ダイアナ王女が2015年5月2日に誕生したニュースは記憶に新しいところ。25年ぶりのプリンセス誕生で世界の注目を集めている英国の社会と歴史、王室事情、料理などを知れば、イギリスがさらに身近に感じられる。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

  • 「イギリス社会」入門 日本人に伝えたい本当の英国
    「イギリス社会」入門 日本人に伝えたい本当の英国
  • 女王とプリンセスの英国王室史
    女王とプリンセスの英国王室史
  • イギリスの家庭料理
    イギリスの家庭料理

英国人ジャーナリストが"異邦人"の目で祖国を観察

   『「ニッポン社会」入門』、『「アメリカ社会」入門』に続く、英国人ジャーナリスト、コリン・ジョイス氏の異文化入門シリーズ第3弾。『「イギリス社会」入門-日本人に伝えたい本当の英国』(著・コリン・ジョイス、訳・森田浩之、842円、NHK出版)は、18年ぶりに舞い戻った、見慣れているようで半分はよく知らない祖国を、"異邦人"の目でじっくり観察したガイド本。

   「女王のことをみんなどう思っているの?」「雨ばかりで憂鬱になるって本当?」「階級社会は今も続いているの?」「スコットランドがイングランドを嫌うのはなぜ?」など、イギリス人なら誰もが共有している習慣や感覚を、階級・住宅・王室・紅茶・酒場・伝統など19のテーマにわけて、ユーモアたっぷりに解説している。

   著者ならではの鋭くて深い...でも楽しい分析が満載。"本物のイギリス"に出会える。

日本人のための英国王室入門書

   25年ぶりのプリンセス、シャーロット王女の誕生で、夏の洗礼式まで目が離せないロイヤルファミリー。『女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史』(著・林信吾、885円、ベストセラーズ)は、ジョージ王子が生まれた後に書かれた本で、2人のエリザベス(エリザベス1世とエリザベス2世)からメアリ、ダイアナ、キャサリンまで、女王とプリンセスを軸に、英国王室の歴史をたどる。

   「女王の治世は繁栄する(英国史を彩った女王たち)」、「離婚したさに国教会創立?(宗教改革と最悪の混乱)」、「無敵艦隊になぜ勝てたのか?(エリザベス1世の戦争)、「英帝国の斜陽が始まった(エリザベス2世の戦争)」、「王権の影の悲劇とは?(メアリとダイアナ)」「人気なくして王位なし! ?(岐路に立つ王権)」の6つの章で、王権とはどういうものか、日本の皇室との関係、現代の王室事情など、日本ではほとんど知られていない、英王室の歴史や諸制度をわかりやすく解説している。

   歴代国王リスト、系図も収録された、まさに日本人のための英国王室入門書だ。

「マッサン」エリーのレシピも初公開

   イギリスに行ったことがない人にさえ、「まずいんでしょう?」といわれてしまうほど、マイナーな印象が強いイギリス料理。『イギリスの家庭料理』(著・砂古玉緒、1728円、世界文化社)は、『お茶の時間のイギリス菓子』の著者、砂古玉緒さんによる初の料理本で、イギリスに暮らしてわかった質実な家庭の味、80レシピが紹介されている。

   イングリッシュブレックファスト(ハッシュドブラウン、ポーチドエッグなど)やローストビーフ、スコーン、クリスマスのご馳走、ローストターキーなど、イギリスで親しまれている素朴で飽きのこない料理は、実は私たちにとってお馴染みの味ばかり。えっ、これもイギリス料理だったの? とあらたな発見もある。

   砂古さんはNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で、スコットランド料理・菓子の製作指導を行い、その料理レシピを本書で初公開。むずかしい料理はひとつもないので、家庭で"マッサンの味"を再現することができそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中