ミスiD2015写真集発売記念、写真展「さよなら、ユースフルデイズ」

印刷

   講談社が主催する女性アイドルオーディション「ミスiD(アイディ―)」の2015年コンテスト出場者らを収めた、ミスiD2015公式写真集「さよなら、ユースフルデイズ」の発売を記念して2015年6月21~28日の間、東京・浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」で同名の写真展を開催する。

  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から
  • 「さよなら、ユースフルデイズ」から
    「さよなら、ユースフルデイズ」から

"新世代の女の子"の今を、現代フェティシズムの名手が切り取る

   「ミスiD」は、"新しいタイプの女の子"を発掘し、育成するオーディション企画。14年グランプリでモデル兼女優の蒼波純さんなど新世代を代表する若き才能を次々と送り出してきた。

   「現代フェティシズムの名手」とされ、14年に実施された「ミスiD2015」のオーディションで審査員を務めた写真家、青山裕企氏は、若いモデルたちの夢に賭ける強い気持ちを感じ今しか表現できない彼女たちの青春時代(youthful days)の輝きや、その背後にある焦燥感を写真で残したいと思い写真集を制作した。

   写真展では、写真集に収録したショットはもちろん、ギャラリー限定のショット、さらには青山氏の過去のアーカイブ作品も一挙400点以上を展示する。最終日の28日には青山氏と参加モデルによるトークショー、サイン・握手会を開く予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中