【ギャルウォッチ特別企画】初の著書出版した"美人過ぎる"臨床心理士、山名裕子さんインタビュー...「バカ力」を発揮する時

印刷

   "美人過ぎる"臨床心理士としてテレビのコメンテーターとしても活躍中の山名裕子氏が、初著書「バカ力:完璧をめざさない強さ」(ポプラ社)を2015年9月3日に発売。

   それに伴い、ギャルウォッチでは山名氏のインタビューを実施しました。

   同書籍の見どころをはじめ、これまで様々な悩みや不安をカウンセリングしてきた山名氏だからこそ導き出せる、実践的な恋愛テクニックについても語ってもらいました。

  • 初著書「バカ力:完璧をめざさない強さ」を出版
    初著書「バカ力:完璧をめざさない強さ」を出版
  • 「相手のスタンプと同じものを使うことで、その人の承認欲求が満たされるようになります」
    「相手のスタンプと同じものを使うことで、その人の承認欲求が満たされるようになります」
  • 「。NOの選択肢を消すような誘い方が成功率を上げるテクニック」
    「。NOの選択肢を消すような誘い方が成功率を上げるテクニック」
  • 「女性の場合は右脳と左脳の連動性が優れているので感情豊かで色々なところに気配りが出来たり、流れ作業が出来ます」
    「女性の場合は右脳と左脳の連動性が優れているので感情豊かで色々なところに気配りが出来たり、流れ作業が出来ます」
  • 「『すみません』『ごめんなさい』ではなく、『ありがとう』と言うだけで関係も変わってくると思います」
    「『すみません』『ごめんなさい』ではなく、『ありがとう』と言うだけで関係も変わってくると思います」

『バカ力』はストレスフルな毎日を変えていくこと

   ――まずはじめに、初の著書「バカ力:完璧をめざさない強さ」はどういった内容になっていますか?

   「私は普段カウンセリングのお仕事を中心にお仕事させて頂いているのですが、真面目な人や努力している人の方がコミュニケーションが上手くいかなかったり、満たされないことが多いんですね。

   『バカ力』を一言で言うと、ストレスフルな毎日をユーモラスな毎日に変えていくことを表してしているので、ちょっとした「バカな力」を身に付けてハッピーを引き寄せようという内容になります。

   リラックスして成果をあげるコツや、人に翻弄されずに生きる心得を『バカ力』をキーワードに多数紹介しています」

   ――主にどういった方々に読んで頂きたいですか?

    「先程もお伝えした真面目に努力している人や、周りからは『すごいね!』って言われるけど何か満たされない人、上手にコミュニケーションが取れない方々に見てもらいたいですね。男女、年齢問わず、沢山の人に読んで頂ければ嬉しいです」

   ――職業柄、様々な悩みを抱えている人と接することが多いと思いますが、山名先生自身、不安や心配に思うことがあった際、どうやって悩みを回避するようにしていますか?

   「元から楽観的なので悩むタイプではないんですが、常に趣味を持つようにしています。趣味は鬱病の予防にもなると言われていて、私の場合は携帯ゲームが好きでよくやっています(笑)。集中出来るものがあると気持ちも切り替えられますし、あとは心を動かすことも大切だと思います」

   ――心を動かすとは具体的にどういったことですか?

   「例えばお花の写真を撮って目で楽しむ、香水の香りを嗅いでリラックスする、ヒーリングミュージックを聴いて癒される等、五感を刺激することが大切です。恋愛をしてドキドキワクワクしたり、感動するDVDを観て意識的に涙を流したりして心を動かすこともストレス発散になりますよ。感情を外に表出させることが大切です」

LINEラブ、重要な"ペーシング"  効果的テクの"ダブルバインド"

   ――では、恋愛の質問についてお聞きしたいのですが、最近若者の間ではLINEで告白するといった"LINEラブ"といった現象が増えていますが、好きな異性とLINEで仲良くなるためにはどうしたら良いですか?

   「一番早いのは相手が使っているスタンプを自身も使うことです。"類似性の法則"と言い、似た者同士は仲良くなり易い傾向があるように、相手のスタンプと同じものを使うことで、その人の承認欲求が満たされるようになります。趣味が近い人が意気投合することもそれと同じことなのでスタンプを真似することで、『同じの使ってくれている!認められたんだ!』と、相手は感じるようになります。

   あとは、絵文字の個数や、行数、返信のスピードを真似するといった"ペーシング"も重要です。相手がどういった気持ちやテンションで送ってきているかを把握し、自身も相手に合わせた返信をすることで距離も近付くと思います」

   ――今すぐにでも実践したくなってきました(笑)。ちなみに具体的なアプローチ方法はありますか?

   「相手を誘うための例として挙げるのならば、"ダブルバインド"という心理テクニックがあります。『土曜日空いてる?』と聞くとYESかNOの答えになってしまうんですが、YESを前提に答えさせるために『イタリアンか、フレンチ行かない?』と言うことで、NOといった選択肢を薄くすることが出来ます。NOの選択肢を消すような誘い方が成功率を上げるテクニックです。

   あと"カチッサー効果"は理由を付ける誘い方なのですが『最近話題のイタリアン、いつも混んでて予約が取れないけど、たまたま予約取れたから行かない?』と言うことで『そういう理由があったんだ!』と、相手側は納得して行き易くなります。

   一番最強なのは、"ダブルバインド"の掛け算で、『土曜か日曜、イタリアンかフレンチ行かない?』とか言うことで成功率もググっとアップしますよ!」

   ――となると、山名先生もご自身でこういったテクニックを使っていることが多かったりしますか?(笑)

   「いや、実際自分のことになると意外と...。でも無意識的にそういうテクニックを使っているかもしれません(笑)」

きちんと約束を取り付けてくれる男性は好意がある証拠

   ――それでは、LINEにおいて男性が好きな女性に取る態度の特徴があれば教えて下さい。

   「男性は感情的ではなく論理的な生き物なので、きちんと約束を取り付けてくれる人は好意がある証拠ですね。適当に遊びたい子には、約束を取り付けず『今から行こう!』や『今何してるの?』といった場面発言が多くなる傾向があります」

   ――約束をしてきてくれることが重要なんですね。いきなり誘われて浮かれていたこともありました(笑)。

   「やはり男性は遊び相手には約束をしないので、きちんとした約束をしてくれる人は『脈あり』だと思います。逆に『忙しい』といった言葉を使う人、また、マメな人はみんなにマメな傾向が強いのでそこも気を付けた方が良いと思います。

    ただ、ここの境界線は難しくて、会う予定はないけどマメに連絡をしてくる男性もいるので、こういった場合は少なからず可能性はあると思います」

   ――では、反対にLINEにおいて女性が好きな男性に取る態度の特徴はありますか?

   「女性は平和主義なので好きな人には極力合わせたいと思うものです。特に好きな人だったら、ちょっとでも予定が合えば会いに行こうとする努力もします。

   なので、誘って断られたとしても、女性側から『この日はどう?』といった次の提示をしてきたら「脈あり」ですね]

   ただ、絵文字は好きを表す行為の1つですが、ハートを使う女性には気を付けた方が良いと思います」

   ――えっ、そうなんですか...?(汗)

   「好きな人に対して女性は『どの絵文字を使おう』とか『ハートを使ったら重いかな』と考える方が多いんですね。なので、逆にハートを多用する子は要注意ですね。

   そもそも男性と女性では、脳梁・扁桃体(のうりょう・へんとうたい)の大きさが違い、女性の場合は右脳と左脳の連動性が優れているので感情豊かで色々なところに気配りが出来たり、流れ作業が出来ます。

   逆に男性の場合は、基本的に左脳で考えていることが多いので、より論理的で1度に2つのものをこなすことが苦手だったりします。なので、男性がよく言う『仕事だったから、携帯が見れなかった』となるのは脳の構造上的に仕方ないことなのです。もちろん全員に当てはまることではないんですが...(笑)」

   ――なるほどなるほど!よく女性は「トイレ行く時間あるなら返信出来るじゃん!」と考えますが、そもそもの脳の作り方が違うんですね。

   「そうですね。脳の構造を理解するだけで、異性に対して優しく接することが出来る気がしますよ(笑)。仕事中、LINEやメールが戻ってこなかったら、忙しい証拠と思うことで怒ったりする気持ちも軽減に繋がると思います」

既読スルーされたときの対処法は

   ――これからはそう考えて接するようにしていきます(笑)。では、好きな異性にLINEを既読スルーされた時はどう対処すれば良いのでしょうか?

   「認知(思考や判断の仕方)は、育ってきた環境や経験によって"癖"が変わってきます。癖の例としては、『既読スルーなんて最悪な人だからブロック!』と、曖昧さが許せず直ぐに決断を急ぐ白黒思考があります。これは若い人に多いのですが、こういった認知の歪みを修正していくことが大切だと思います。

   それには選択肢を出すことがポイントとなり、まず最初に既読スルーされてどんな気持ちになったかを考えます。きっと人によっては既読スルーされたことで、「嫌われた」とか「既読するなんて最低!」と思ったりしますが、これが認知の歪みとなります。

   またそう思うことで、自分自身が『何かしちゃったかも...』と考えることもありますが、実際にはそう思うだけで根拠はなかったりもします。なので、『今は忙しいだけで返せないだけかもしれない』『体調が悪くて寝込んでるのかもしれない』『後で返そうと思っていて忘れているだけかもしれない』とプラスの選択肢も挙げて考え直してみることが重要ですね。

   そういった選択肢を与えることや、『嫌われた』と思った根拠と、また男女での脳の違いを理解すること、自分の考えと相手も同じではないと把握することで考え方も変わってくると思いますよ。

   あとは『まぁいっか!』といった言葉を口に出すことで自分に暗示を掛けることにも繋がるので、極力、プラスの言葉を使う方がハッピーな毎日を送れると思いますよ」

   ――これまで既読スルーされる度「嫌われた」と考えた私はどうやら歪んでいたかもしれません(笑)。ちなみにLINEにおいて好きな異性に対し、やってはいけないことってあったりしますか?

   「相手から返信はないのに再び送ったりする連投は避けたほうが良いですね。待てる人がモテると思います。あとは、LINEのタイムラインにネガティブなことや私情を書くのは、褒められたい、認められたい、頼られたい、かまって欲しいといった"承認欲求"が強い表れになります。

   人は未完成なものに惹かれるといった"ツァイガルニク効果"といったものがあるので、『○○なことがあった』といった内情を書くことで魅力も半減することにも繋がったりします。

   完成していないミステリアスな方が惹かれたり、記憶に残ったりするので、全部を見せずにオープンにしないことがテクニックの1つになりますね。

   また、『○○にしか言えないんだけど』といった特別感を出す"ハード・トゥ・ゲット・テクニック"を使うことでより魅力もアップすると思いますよ」

『すみません』『ごめんなさい』ではなく『ありがとう』を

   ――是非、今日からでも実践しようと思います(笑)。では、書籍でも書かれている「バカ力」を恋愛において活かすとしたら、どういった例が挙げられますか?

   「『バカ力』が高い人は逆に学習能力がなく、何に対しても毎回感動する気質を持っています。そういう意味では、例えば男性が連れて行ってくれたレストランが以前に来たことがある場合でも、『ここ連れて来てもらったことある!』なんて言ってしまうとNGですね。大げさに言えば、全部『初めて!』と言うぐらいの気持ちが大切だと思います。

   また、『バカ力』が高い人は小さい頃から周囲から助けてもらうことが多いと思うので、『ありがとう』を多用する傾向にあります。なので、例えば断る時も『行けなくてごめんね』と謝るのではなく、『お誘いありがとう。すごく行きたかった』と言うだけで相手も良い気持ちになります。

   相談された時には『何も言えなくてごめんね』よりも『打ち明けてくれてありがとう』と言うのがポイントなように、『すみません』『ごめんなさい』ではなく、『ありがとう』と言うだけで関係も変わってくると思います」

   ――今日は勉強になることを沢山聞くことが出来ました。本当にありがとうございます!!(笑) では、最後になりますが夢や目標を持った人達へメッセージをお願いします。

   「成功する方法は一つではありません。完璧主義的に真面目に厳しく自分を追い込んで成功する人もいれば、かたや周りに愛されてサポートされて成功する人もいます。"成功の継続"といった意味では、自分を苦しめてストイックにやり続けるよりも、みんなに愛されサポートされて生きる方が良い意味で賢く、楽に生きられると思います。

   いかに愛されるかが"成功の継続"に関わってくると思うので、是非みなさんも『バカ力』を身に付けて、ユーモラスな毎日を過ごしてみて下さいね!」

   ――ありがとうございました!

―――◇―――◇―――◇―――


   これまで培った心理テクニックを通じ、実践的なノウハウを語ってくれた山名氏。

   コミュニケーションにおいて意識的に心理テクニックを取り入れることで、良好な人間関係を築き上げられると言えそうです。

   山名氏レクチャーの心理テクニックを参考に、人生や恋愛の攻略のヒントに役立ててみて下さいね!

grp編集長・安部舞紗

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中